[ヒト末梢血単球(PBMC)の活性化マーカのin vitro発現とインターロイキン放出に0.5TMRI装置の静磁界の影響] med./bio.

Static magnetic fields generated by a 0.5 T MRI unit affects in vitro expression of activation markers and interleukin release in human peripheral blood mononuclear cells (PBMC).

掲載誌: Int J Radiat Biol 1999; 75 (4): 457-463

0.5TのMRI装置の静磁界の影響について、健康なヒトから採取した末梢血単球(OBMC)のin vitro活性マーカ発現インターロイキン放出で調べた。PBMC試料をばく露群と擬似ばく露群の二つのグループに分けた。PBMCは、0.5Tの静磁界に24度で2時間ばく露し、ばく露直後に、両方のサンプルをPHAで37度で24時間刺激させた。PBMCはCD25, CD69 とCD71発現で調べ、IFN-γ, TNF-α: IL-4はELISAで解析した。その結果、24時間培養後、0.5Tの静磁界はin vitroでPBMCからのCD69の発現を減少させた。PHA刺激後は上昇。IFN-γとIL-4放出の増加も見られたが、PHA刺激後は減少した。TNF-α、IL-6とIL-10の放出は変化はなかった。【結論】0.5Tの静磁界は、PBMCからのIn vitroでのマーカ発現インターロイキン放出を変化させる。

ばく露

関連論文