研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの行動的活動性に対する低強度電磁界の影響] med./bio.

Effects of low-intensity electromagnetic fields on behavioral activity of rats.

掲載誌: Folia Med (Plovdiv) 1999; 41 (3): 75-80

この研究は、メートル波、デシメートル波およびセンチメートル波帯の低強度(10mW / cm 2)の電磁界EMFばく露後のラットにおける行動活動性の変化を比較評価した。24匹のウィスターラットを、3つの波長帯のEMFばく露群と対照群の計4群に分け、実験した。ラットの頭部に電力密度10mW / cm 2のばく露を与えた後、シャトル箱を用いて、ラット条件付けおよび条件付け無しの応答ならびに自発運動の活動量を調べた。その結果、3つの波長帯において、EMFばく露条件付け応答の形成速度を低下させる可能性が示唆され、これは、メートル波で明らかに顕著であった;一方、センチメートル波の影響は時間的に遅れた;行動への影響は非熱的ばく露量では軽度であり、動物ばく露条件に容易に適応した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate comparatively the changes in behavioral activty of experimental animals after exposing them to low intensity electromagnetic fields in the meter, decimeter and centimeter ranges, applied at the same power density.

詳細情報

The study of rat behavioral activity is a valuable method for evaluation of brain changes after low intensity electromagnetic field exposures.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.375 GHz
ばく露時間: 10 times 10 min per day
ばく露2: 433.93 MHz
ばく露時間: 10 times 10 min per day
ばく露3: 27.13 MHz
ばく露時間: 10 times 10 min per day

ばく露1

主たる特性
周波数 2.375 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 10 times 10 min per day
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
ばく露装置の詳細 Rats were irradiated on the head area with their body protected by a screen.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 W/m² - 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 433.93 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 10 times 10 min per day
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 W/m² - 測定値 - -

ばく露3

主たる特性
周波数 27.13 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 10 times 10 min per day
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 W/m² - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data suggest that exposure to electromagnetic fields (EMF) in the three ranges can slow down the formation of conditioned responses. This was clearly marked in the rats exposed to meter EMFs, whereas the effects of centimeter EMFs were delayed in time. At athermal dosage these effects are mild and the organism can easily adapt to the irradiation. The study shows that determination of the effects of different EMFs should be done for each of the ranges separately. Determination of the exact dosage of the electromagnetic fields can help to avoid their negative biological effects.

研究の種別:

研究助成

関連論文