[コメットアッセーによるヒト白血球のDNA損傷に対する低レベル・低周波電磁界のIn vitroでの影響] med./bio.

In vitro effects of low-level, low-frequency electromagnetic fields on DNA damage in human leucocytes by comet assay.

掲載誌: Indian J Biochem Biophys 1999; 36 (5): 318-322

この研究では成人の健常者に対し、低レベル低周波磁界(50Hz, mT)の影響を調査した。末梢血液サンプルを5レベルの磁界(50Hz:2、3、5、7、10mT)にばく露し、コメット解析で分析した。その結果を同じ被験者からばく露されてないサンプルとで比較した。個々で処理当たり50個の細胞をコメットの尾の長さで、DNA損傷の推定を行った。男性で観察したデータを磁束密度毎に分析するためにプールした。各磁束密度(1つの例外)で、対照群と比べてDNA損傷が有意に増加した。我々が以前行った女性での結果と調べた場合、DNAの損傷レベルは男性よりはるかに女性の方が有意に高かった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文