研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒトリンパ球でのクロマチン損傷は50Hz電磁界に影響されない] med./bio.

Chromatid damage in human lymphocytes is not affected by 50 Hz electromagnetic fields.

掲載誌: Radiat Prot Dosimetry 2006; 121 (3): 321-324

研究目的(著者による)

このイン・ビトロ研究は、S期及びG2期のヒトリンパ球における超低周波電磁界及び/またはガンマ線(1Gy)の遺伝毒性を調べるために実施した。

詳細情報

健康な、非喫煙者の49歳の女性の血液サンプルからリンパ球を単離した。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous during S phase and G2 phase

General information

for further information see: Michael, B.D., Prose, K.M., Folkard M., Michell S.A. and Gilchrist S., "Effects of 50 Hz magnetic field exposure on mammalian cells in culture" Electromagnetic Environments and Health in Buildings 2004 ( Book - ISBN 0415316561)

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous during S phase and G2 phase
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 2 solenoid coils, each enclosed in a µ-metal drum
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information half of the samples were exposed only to the magnetic field; the other half was exposed to the magnetic field after exposure to 1.0 Gy gamma rays; immediately the tubes went into the coils. Colcemid was added at intervals 0, 1, 2, 3 h.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.23 mT - - - -
磁束密度 0.47 mT - - - -
磁束密度 0.7 mT - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

超低周波電磁界への単独ばく露は、染色分体損傷を生じることも、ガンマ線によって生じた染色分体異常の頻度を変更させることもなかった。

研究の種別:

研究助成

関連論文