研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[900MHz携帯電話電磁界への出生前ばく露は成獣ラットのオペラント行動成績に影響しない] med./bio.

Prenatal exposure to 900 MHz, cell-phone electromagnetic fields had no effect on operant-behavior performances of adult rats.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2000; 21 (8): 566-574

この研究は、携帯電話技術で使用される無線周波電磁界EMF)が発達中の脳に与える健康リスクの可能性を明確にするために、妊娠中のウィスターラットに低レベル(0.1mW/cm2)の217Hパルス変調900MHzのEMFのばく露を与えた。このばく露レベルは、GSMデジタル携帯電話基地局アンテナに対する公衆の最大許容ばく露レベルに相当する。自由に動き回っている妊娠中のラットの全身平均SARは17.5-ばく露群、擬似ばく露群の母ラットから産まれた子ラットをコード化し、成獣になった後、夜間にスキナーボックスを用いたオペラント行動を試験した(10匹1組を同時に試験し、全部で8組試験した)。コンピュータ制御された9回、15時間セッションで、達成目標を増加させていく反応率分化強化(餌取りで強化)における学習欠損を調べた。記録したのは、餌で強化されたレバー押し行動と連続レバー押しの間の反応間隔(IRI)である。IRI出現パターンは、学習群と非学習群で区別して分析した。その結果、成績スコアおよびIRIパターンにおいて、子宮ばく露はいかなる計測可能な認知的欠損も誘導しなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study potential health risks of radiofrequency electromagnetic fields used in cellular telephone technology to the developing brain, rats were continuously exposed during pregnancy to a low-level (0.1 mW/cm²) 900 MHz, 217 Hz pulse modulated electromagnetic field. The offspring of exposed and of sham-exposed dams were tested later as adults in a battery of ten simultaneously operated test chambers during night time.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuously during pregnancy from day 1 to day 20
  • 電力密度: 0.1 mW/cm²
  • SAR: 75 mW/kg average over mass (whole body) (17.5-75 mW/kg)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
偏波
  • circular
ばく露時間 continuously during pregnancy from day 1 to day 20
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 0.577 ms
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • dish antenna atop the exposure chamber
チャンバの詳細 two exposure chambers 80 x 80 x 200 cm³ with an inner lining of 15 cm RF-absorbing solid foam
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.1 mW/cm² - 測定値 - -
SAR 75 mW/kg average over mass 測定値 whole body 17.5-75 mW/kg

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Adult rats that had been exposed prenatally to a radiofrequency electromagnetic field that is typical of the European GSM telecommunication system did not show any performance deficits relative to controls in a sequence of nine operant-behavior performance tests with increasing test requirements.

研究の種別:

研究助成

関連論文