研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[単離したカエルの心臓へのELF電界の影響] med./bio.

Effects of ELF electric fields on the isolated frog heart.

掲載誌: IEEE Trans Biomed Eng 1983; 30 (6): 347-348

この研究は、ヒョウカエル(Rana pipiens)の摘出心臓へのELF電界ばく露実験を行い、心臓機能への影響を調べた(2ページの短報である)。電界は、0.7Hz - 60Hzで変化させ、電界強度は70V / mまでを適用した。結果として、20-30 V/mの閾値を超えると、電界ばく露により心拍数が増加した;本来の心拍頻度(約0.5 Hz)に近い周波数の電界の方が、それより高い周波数よりも有効性が高かった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effect of extremely low frequency (ELF) electric fields on heart rate of isolated frog hearts in vitro.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 700 mHz–60 Hz

ばく露1

主たる特性
周波数 700 mHz–60 Hz
タイプ
  • electric field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • parallel stainless steel electrodes
ばく露装置の詳細 The heart was placed in the center of the petri dish midway between the electrodes.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 70 V/m maximum - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • isolated frog heart
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Heart rates were increased by the electric fields above a threshold of 20-30 V/m. Moreover, heart rate was more affected by field frequencies near the natural heart rate (approx. 0.5 Hz), as by higher frequencies.

研究の種別:

研究助成

関連論文