[極低周波電磁界にばく露されたヒト精子では染色体異常は誘発しない] med./bio.

No induction of chromosome aberrations in human spermatozoa exposed to extremely low frequency electromagnetic fields.

掲載誌: Mutat Res Genet Toxicol Environ Mutagen 1998; 414 (1-3): 31-35

<目的>低周波電磁界のヒト精子染色体に対する影響をみる。 <方法>健常人からとった精液低周波電磁界(50Hz、20mT)に2時間、37℃ 5% CO2の条件下で曝露した。遠心後、ゴールデンハムスターの卵子とin vitroで受精させ、精子染色体を第一分裂時に分析した。実験は二人の提供者から採取した精子サンプルを使って、二回行った。 <結果>二回の実験において、染色体の異常なspermatozoa頻度は曝露群と対照群とでは、有意な差は示さなかったことから、低周波電磁界は、ヒトの精子染色体に対して影響を及ぼさないということが示された。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文