研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[電磁界と皮膚創傷修復] med./bio.

Electromagnetic fields and skin wound repair.

掲載誌: J Microw Power 1975; 10 (1): 59-70

この研究は、生理食塩水、またはヒスタミン2リン酸の単独処置、またはこれらのどちらかと電磁界との組み合わせ処置による創傷治癒効果を比較した。240匹のラットの背部皮膚に外科的に切開創傷を作成し、その創傷を食塩水またはヒスタミンのいずれかで処置した。それぞれの処置を受けたラットの半数は、続いて15分間、VHF(27MHz)電磁界ばく露を受けた。10匹のイヌの右肩甲骨領域の皮膚にも外科的切開を施した。動物の半数は食塩水で処理し、残りの半数はヒスタミン処理および30分間のVHF磁界ばく露で処理した。その結果、電磁界ばく露と組み合わせたヒスタミン処置は、創傷治癒の改善(治癒率、引張り強度、最小化瘢痕組織)に最も効果的であった;生理食塩水+電磁界ばく露ヒスタミン単独、生理食塩水単独は、この順番で効果が低くなった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate possible effects of saline or histamine treatment alone or in combination with 27 MHz VHF exposure on skin wound healing in dogs and rats.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 27 MHz
ばく露時間: 15 min
rats
-
ばく露2: 27 MHz
ばく露時間: 30 min
dogs
-

General information

animals were treated either with saline or histamine; one half of each group was then exposed to EMF;
Reference article: Romero-Sierra C, Halter S and Tanner J.A. "Effects of an electromagnetic field on the process of wound healing" NRC, DME Control Systems LTR-CS-83,(National Research Council of Canada), Ottawa, Ontario, August 1972.

ばく露1

主たる特性
周波数 27 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 15 min
Additional information rats
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
ばく露装置の詳細 Edges of the incision wounds were apposed by manual pressure during the exposure
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露2

主たる特性
周波数 27 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 30 min
Additional information dogs
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • skin
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

VHF exposure in combination with histamine treatment leads to an improved wound healing as indicated by the rate of healing, tensile strength, and minimized scar tissue. Treatment with saline plus VHF exposure, histamine alone and saline alone were successively less effective.

研究の種別:

研究助成

関連論文