研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[電磁界の生物への効能に対する動物研究] med./bio.

Animal study on electromagnetic field biological potency.

掲載誌: Arh Hig Rada Toksikol 1999; 50 (1): 5-11

この研究は、動物実験により、骨髄、末梢血、および気管支肺胞遊離細胞に対する非電離非熱的電磁界(5〜15 mW / cm 2、2450 MHzマイクロ波放射)の影響を評価するバイオマーカを特定するという目標を掲げた研究の予備的結果として、血液細胞に関する知見を報告している。40匹のオスのウィスターラットを2分し、ばく露群および対照群とした。ばく露群は、2時間/日、5日/週のばく露を受けた。続いて実験の1、8、16、および30日目に屠殺した。その結果、末梢血細胞については、ばく露群における総白血球数および相対的リンパ球数の減少傾向が示された;顆粒球数および末梢血赤血球絶対数のわずかな増加も観察された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

The over-all aim of this pilot study was to investigate the effects of non-ionising, non-thermal radiation on bone marrow, peripheral blood, and bronchoalveolar free cell populations in rats. Only the preliminary results of cell counting of different blood cell types have been given.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 2 h/day, 5days/week

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
ばく露時間 2 h/day, 5days/week
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • microwave oven
チャンバの詳細 plexiglas cages
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 5 mW/cm² minimum - - -
電力密度 15 mW/cm² maximum - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • blood
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The number of leukocytes and lymphocytes in exposed animals were decreasing during the course of experiment compared with controls. The number of granulocytes was increasing in exposed animals during the course of experiment compared with the control animals. The number of erythrocytes was higher in exposed animal during the whole course of experiment compared with control. No exact values and statistical informations were given of any investigated cell types in this part-report of the pilot sudy.

研究の種別:

研究助成

関連論文