研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[低周波パルス電磁界がヒトのEEGに影響をもたらす] med./bio.

Low-Frequency pulsed electromagnetic fields influence EEG of man.

掲載誌: Phys Med 1995; XI (2): 77-80

低周波パルス電磁界を使用した新たな技術がヒトに有害であるのではないかとの疑問が湧き上がっている。低周波パルス電磁界の影響下でサンプリングされたヒトのEEGデータ、がアルファ活動の範囲と、同じ数時間のばく露後で極端に変化した。このような生物学的影響は国際的な制限値以下の強度で誘発される。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study the influence of low frequency pulsed electromagnetic fields on EEG of human.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 217 Hz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 2 or 3 times for 15 min
  • 電力密度: 1 µW/cm² maximum (calculated for the brain tissue in 6 cm depth)

ばく露1

主たる特性
周波数 217 Hz
ばく露時間 2 or 3 times for 15 min
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • antenna with spherical emission characteristics
ばく露装置の詳細 Electromagnetic field was applied to the neck region of the subjects
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 1 µW/cm² maximum 備考を参照のこと。 - calculated for the brain tissue in 6 cm depth

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

EEG-data of human sampled under the influence of low frequency pulsed electromagnetic fields are altered extremely in the range of alpha-activity as well as during and after exposure for some hours. This effect is induced by field intensities lower than the given international limiting values.

研究の種別:

研究助成

関連論文