研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[女性の免疫系に対するテレビ放送局からの電磁界の影響] med./bio.

Effects of electromagnetic fields produced by radiotelevision broadcasting stations on the immune system of women.

掲載誌: Sci Total Environ 2001; 273 (1-3): 1-10

この研究は、居住環境においてラジオ・テレビ放送局からの電磁界に最短でも2年間(平均13年間)ばく露された女性19人(平均35歳)の免疫系の検査を行った。この19人をばく露群としている。このうちに1人の住宅バルコニーで測定された電磁界(500KHz-3GHz)レベルは1999年9月の時点で4.3±1.4V/mであった。対照群として、電磁界ばく露が<1.8V/mの周辺住民から、年齢、喫煙習慣、アトピー傾向をマッチさせた47人を選んだ。都市交通へのばく露マーカである血中鉛、尿中trans-transムコン酸ベンゼン代謝物)は、対照群の方が高かった。結果として、ばく露群では、血中NK細胞のCD16+、CD56+、細胞傷害性CD3 -、CD8+など多くの指標が有意に低かった、などを報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the immune system of 19 woman exposed to electromagnetic fields induced by radiotelevision broadcasting stations.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 500 kHz–3 GHz
ばく露時間: at least 2 years
  • 電界強度: 4.3 V/m (+/- 1.4 V/m on the balcony of the subject's home)

ばく露1

主たる特性
周波数 500 kHz–3 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 at least 2 years
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • radiotelevision broadcasting stations
Additional information ELMF levels determined on the balconies and inside the homes of the women's residences
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 4.3 V/m - - - +/- 1.4 V/m on the balcony of the subject's home

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

High frequency electromagnetic fields reduce cytotoxic immune response in the peripheral blood of woman without a dose-response effect.

研究の種別:

研究助成

関連論文