研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波に対する行動学的感受性] med./bio.

Behavioral sensitivity to microwave irradiation.

掲載誌: Science 1971; 172 (981): 398-401

この研究は、ラットマイクロ波の存在を検出できるか否かを、行動研究の手法を用いて調べた。その結果、一定の条件反応行動における条件性抑制が確認されたラットは、波長12.25 cmのマイクロ波を、0.5 – 6.4 mW/ gの範囲において検出できることが示された;また、条件付けなどの行動研究において、マイクロ波照射が信頼できるキューとして機能し得ることが明らかになった;検出効率は、ラット照射されたマイクロ波エネルギーの量に強く、そして正に関連した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To assess in rats the efficacy and the reliability of modulated microwaves as a warning stimulus for impending electrical shock.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
ばく露時間: 62 two hour sessions with a minimum interval of 22 hr
  • SAR: 500 µW/g mean
  • SAR: 6.4 W/kg maximum (cf. remarks) (6.4, 4.8, 2.4 and 1.2 mW/g based on calorimetry)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 62 two hour sessions with a minimum interval of 22 hr
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • microwave oven
チャンバの詳細 microwave oven fitted with plexiglas conditioning chamber: 26 cm x 37 cm x 24 cm
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 500 µW/g mean 推定値 - -
SAR 6.4 W/kg maximum 計算値 cf. remarks 6.4, 4.8, 2.4 and 1.2 mW/g based on calorimetry

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Rats were able to detect the presence of the microwaves at doses of power approximating 0.5 to 6.4 mW/g. Efficiency of detection was strongly related to the amount of microwave energy to which the animals were exposed.

研究の種別:

研究助成

関連論文