研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットの大脳の電気活性に対する低強度ラジオ周波数電磁界の影響] med./bio.

Effects of low intensity radiofrequency electromagnetic fields on electrical activity in rat hippocampal slices.

掲載誌: Brain Res 2001; 904 (1): 43-53

この研究は、ラット海馬の切片標本を、ストリップライン導波路中で、700 MHzの連続波無線周波RF電磁界(25.2 - 71.0 V/ m)に、5 - 15分間ばく露し、海馬組織の興奮性への影響を調べた。その結果、CA1野での電気誘発電位への影響として、低い電界強度では、集合スパイク電位振幅増加(最大20%)が観察されたが、より高い電界では、振幅の増加または減少のどちらかが見られた(それぞれ最大120 %または80 %);刺激用金属電極に起因するRF誘導アーチファクトの可能性を排除するために、4-アミノピリジン(50〜100 μM)によってCA3野に誘導された自発的てんかん様活動に対するRFばく露の影響を調べた実験では、50.0 V/ mばく露を受けた切片の36%で、てんかんバーストの低下または消失が見られた、と報告している。なお、実験された最大電界強度71.0 V/ mでスライスに生じるSARは0.0016〜0.0044 W/ kgの範囲と計算された。また、光ファイバープローブを用いた測定で、この電界強度への15分間のばく露中に検出可能な温度変化(±0.1℃)がないことを確認した、と述べている。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine whether unmodulated weak radiofrequency electromagnetic fields can affect electrical activity directly in rat hippocampal slices.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 700 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 5 - 15 min

ばく露1

主たる特性
周波数 700 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 5 - 15 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • parallel plate waveguide apparatus
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1.6 mW/kg minimum 計算値 - -
SAR 4.4 mW/kg maximum 計算値 - -
電界強度 25.2 V/m minimum 計算値 - -
電界強度 71 V/m maximum 計算値 - -

Reference articles

  • Daniells C et al. (1998): [マイクロ波によって誘起されるストレスのバイオモニターとしてのトランスジェニック線虫]
  • Tattersall JEH et al. (1996): [電気生理学的記録中の脳スライス組織標本への無線周波数電磁放射の制御ばく露を行う新装置]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

The results show that acute exposure to 700 MHz electromagnetic fields produced significant changes in evoked and spontaneous electrical activity in hippocampal slices in the absence of detectable increases in temperature. At low field intensities (25.2 and 31.7 V/m), the predominant effect was a potentiation of the amplitude of the evoked population spike by up to 20%. Higher intensity fields (up to 71.0 V/m) could produce either increases or decreases of up to 80% in the amplitude of the population spike. Changes in the field EPSP were smaller and were found in fewer slices than changes in population spike amplitude.

研究の種別:

研究助成

関連論文