研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波によって誘起されるストレスのバイオモニターとしてのトランスジェニック線虫] med./bio.

Transgenic nematodes as biomonitors of microwave-induced stress.

掲載誌: Mutation Research - Fundamental and Molecular Mechanism of Mutagenesis 1998; 399 (1): 55-64

<目的>マイクロ波により誘導されるストレス反応を感度良く、再現性良く検出する系を確立する。 <方法>hsp16熱ショックプロモーターの支配下にLacZ遺伝子を組み込んだ線虫(C.elegans PC72)のyoung adultを用い、25℃のインキュベーターで培養し種々の時間、周波数750および300MHz、強度27、24、21dBmのマイクロ波に曝露し、レポーター遺伝子としてのβガラクトシダーゼ活性を測定した。 <結果及び結論>ストレスにより誘導されるレポーター遺伝子を有する組み換え線虫を用いて、マイクロ波によるストレス反応を解析した。750MHz、27dBmのマイクロ波に25℃で曝露すると、2時間および6時間で有意なレポーター遺伝子発現誘導が認められた。マイクロ波の周波数と強度を変化させる実験では、750MHzおよび300MHz、21および27dBmの両方でレポーター遺伝子発現誘導された。今後更なる検討が必要である。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To demonstrate microwave-induced stress responses in transgenic Caenorhabditis elegans (i.e. nematodes) which are both reproducible and simple to detect. The effects of continuous microwave radiation on heat-shock protein (HSP) responses were investigated.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 750 MHz
ばく露時間: continuous for 2, 4, 8 or 16 h
-
ばく露2: 300–750 MHz
ばく露時間: continuous for 16 h
-

ばく露1

主たる特性
周波数 750 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 2, 4, 8 or 16 h
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • TEMセル
  • 34 cm long, 24 x 24 cm at the center, 1.5 x 1.5 cm at the ends
チャンバの詳細 TEM cell placed in an incubator at 25°C in a shielded room
ばく露装置の詳細 worms placed centrally in the TEM cell
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露2

主たる特性
周波数 300–750 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 16 h
Additional information experiments dane at 300 MHz and 750 MHz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ

No parameters are specified for this exposure.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data suggest that microwave radiation causes measurable stress to transgenic nematodes. 750 MHz irradiation of nematodes caused stress reporter gene induction after 2 and 16 hours but not after 4 and 8 hours of exposure.
Exposure to 750 MHz but not to 300 MHz at different power settings (500, 250, 125 mW) for 16 hours caused stress reporter gene induction in nematodes. The results are reproducible and data acquisation is both rapid and simple.

研究の種別:

研究助成

Replication studies

関連論文