研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[小腸上皮細胞のCa2+-ATPaseの活性および分布に対する変調マイクロ波およびX線照射の影響] med./bio.

Effects of modulated microwave and X-ray irradiation on the activity and distribution of Ca2+-ATPase in small intestine epithelial cells.

掲載誌: Scanning Microsc 1994; 8 (3): 613-9
Journal partially peer-reviewed/unclear

この研究は、方形波変調マイクロ波(搬送周波数2450 MHz変調周波数16 Hz)およびX線の全身ばく露を受けたマウスの小腸上皮細胞におけるCa(2+)-ATPaseの分布および活性を組織化学的方法によって調べた。対照動物で調べると、酵素活性は、刷子縁(小腸上皮細胞の上方に存在する微絨毛が密な領域)および細胞接合部領域を含む側方膜上に見られた。また、外側膜の酵素活性は、ケルセチン(Ca(2+)-ATPaseの特異的阻害剤)によって阻害される。ばく露実験の結果、 電力密度1 mW / cm 2の方形変調マイクロ波ばく露の直後に、側方膜領域でのCa(2+)-ATPase活性の低下が観察された;X線照射(1 Gy)は、同様に、Ca(2+)-ATPas活性低下を誘発したが、この低下は24時間以内に回復した;5 Gyでは、頂端膜および外側膜の両領域で酵素活性低下が引き起こされ、これは最大24時間持続した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the cellular distribution and activity of calcium-ATPase (Ca2+-ATPase) in murine small intestine epithelial cells by using electron microscopy after total body irradiation with AM-microwaves and X-ray, respectively (calcium-ATPase (Ca2+-ATPase) is a membrane spanning enzyme).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: AM
ばく露時間: continuous, 3 h

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 continuous, 3 h
Modulation
Modulation type AM
Modulation frequency 16 Hz
Additional information

square-modulation

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 10 W/m² maximum - - 0,1; 0,5; 1 mW/cm²

Reference articles

  • Somosy Z et al. (1993): [マウス小腸の接合複合体におけるピロアンチモネート沈降性カルシウム含量に及ぼす変調および連続マイクロ波照射の影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • small intestine
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The microwave irradiation leads to a decrease of enzyme activity on the lateral membrane regions. A similar decrease was induced by X-ray irradiation. After X-ray irradiation of 1 Gy the enzyme activity was restored within 24 hours, whereas a X-ray irradiation of 5 Gy leads to a decreased activation persisting up to 24 hours.

研究の種別:

研究助成

関連論文