研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波照射は2‐5A依存性RNアーゼ発現を変更する] med./bio.

Microwave exposure alters the expression of 2-5A-dependent RNase.

掲載誌: Radiat Res 1991; 127 (2): 164-170

この研究は、インターフェロン調節性酵素2'-5'-オリゴアデニレート(2-5A)合成酵素および2-5A依存性エンドリボヌクレアーゼ(RNase L)の発現に対する2.45 GHzの連続波マイクロ波SAR = 130 mW / g)の影響を、マウスのL929細胞を用いて実験的に調べた。単層として増殖している細胞を基層から取り出して懸濁培養液に入れ、4時間の擬似ばく露またはマイクロ波ばく露を行い、その後、細胞を戻して18時間、単層増殖させた後に、RNase Lタンパク質の量を[32P] 2-5A結合により測定し、また、RNase Lおよび2-5A合成酵素の比活性を測定した。その結果、擬似ばく露群およびマイクロ波ばく露群の試料において、放射性2-5AのRNase Lへの結合は、それぞれ対照を14.5 %および36.4 %上回った(すなわち、ばく露群でのプローブ結合は、擬似ばく露群に比べ、19 %多かった);2-5A結合の増加は、それに相当するRNase L比活性の上昇を伴った;対照的に、擬似ばく露群でもマイクロ波ばく露群でも、2-5A合成酵素の比活性に変化はなかった;ばく露後の細胞生存率、プレーティング効率、または増殖速度に検出可能な差は見られなかった;また、2時間のマイクロ波ばく露と同時に温度を正常な生理学的限度値を超えるまで上昇させた(すなわち39 ℃から45 ℃に上昇させた)培養物と対照との間にも、細胞生存率またはプレーティング効率に検出可能な差はなかった;この研究の大部分で使用されたSAR(130 mW / g)および電力密度(95 mW / cm 2)は、ANSI限度値8 mW / gおよび5 mW / cm 2(人体組織のどの1 gにおいても)より、ほぼ20倍高かった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

Three different cell lines were tested on effects of microwave exposure concerning cell proliferation rate, cell viability, and plating efficiency.

詳細情報

In addition the activity of two enzymes, 2'-5'-oligoadenylat synthetase and 2-5A-dependent endoribonuclease (RNase L), of murine L929 cells were studied in detail. The expression of these enzymes is among other things regulated by interferon.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: continuous, 4 h

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
特性
  • far field
偏波
  • linear
ばく露時間 continuous, 4 h
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 TE10 mode,
ばく露装置の詳細 4ml exposure tubes, 3,6ml suspension,perpendiucular to direction of propagation
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 450 V/m - 計算値 - inside waveguide
電力密度 950 W/m² - 計算値 - -
磁界強度 630 A/m - 計算値 - inside waveguide
SAR 130 mW/g - 計算値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

For all three cell lines no alterations in cell viability, plating efficiency, or doubling time were noted for any of the exposure parameters measured compared to sham exposed controls.
For 2'-5'-oligoadenylate synthetase the microwave exposure did not alter the activity. The expression of 2-5A dependent endonuclease was increased by microwave exposure.

研究の種別:

研究助成

関連論文