研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[無線周波放射は異なる生理学的状態の線維芽細胞のオルニチンカルボキシラーゼ活性、増殖率、カスパーゼ3活性に有意な影響を与えない] med./bio.

Radiofrequency radiation does not significantly affect ornithine decarboxylase activity, proliferation, or caspase-3 activity of fibroblasts in different physiological conditions.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2008; 84 (9): 727-733

【目的】 RF放射生物学的影響に関するインビトロ研究の結果に一貫性がない理由は、細胞の生理学的状態の多様性にあるという仮説を検証すること。【方法】ネズミの線維芽細胞L929を新鮮培養液によって刺激する、または血清除去によってストレスを与える、またはそのような刺激またはストレスを与えないなどさまざまに状態を変えた後に、SAR値5W/kgで872MHz連続波またはパルス変調波(変調周波数217Hz)のRF電磁界導波管ばく露チェーンバ内でばく露させた。オルニチンカルボキシラーゼ(ODC)(1時間ばく露後および24時間ばく露後)、増殖率(24時間ばく露とその後24時間の観察)、カスパーゼ3活性(アポトーシスの指標)(1時間ばく露後)を測定した。【結果】細胞は新鮮培養液および血清除去に反応を示したが、RF放射の一貫した影響は見られなかった。RF放射に関連した、唯一の、統計学的に有意な変化はODC活性で観察された。しかし、多くの統計学的比較を行ったがこの知見は他のデータでサポートされないため、恐らくは偶然による知見と思われる。【結論】得られた結果は、これまでに研究された影響を裏付けなかった。さらに言えば、刺激ストレスを受けた細胞は、通常の細胞に比べ、RF放射誘発する可能性のある影響に対する感受性が高くはなかった。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To test the hypothesis that variations in the physiological state of cells explain inconsistent results from in vitro studies on biological effects of radiofrequency irradiation.

詳細情報

Different experimental conditios were performed: 1) control cells, 2) radiofrequency exposed cells, 3) activated cells, 4) deprivated cells, 5) activated cells and radiofrequency exposure, and 6) deprivated cells and radiofrequency exposure. Activation of the cells was produced with fresh cell culture medium added prior to exposure. Cells were stressed with serum deprivation for 20 h before exposure.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 872 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 1 h and 24 h for ODC measurement, 24 h for proliferation measurement, 1 h for caspase-3 activity measurement
ばく露2: 872 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 1 h and 24 h for ODC measurement, 24 h for proliferation measurement, 1 h for caspase-3 activity measurement

ばく露1

主たる特性
周波数 872 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 1 h and 24 h for ODC measurement, 24 h for proliferation measurement, 1 h for caspase-3 activity measurement
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • waveguide exposure chamber with temperature control
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 5 W/kg - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 872 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 1 h and 24 h for ODC measurement, 24 h for proliferation measurement, 1 h for caspase-3 activity measurement
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 5 W/kg - - - -

Reference articles

  • Höytö A et al. (2006): [適度の温度上昇はL929細胞のODC活性に影響する:低レベルのラジオ周波数では影響は見られない]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

This study did not provide evidence of effects on ornithine decarboxylase activity, proliferation or caspase-3 activity in fibroblast cells exposed to 872 MHz radiofrequency irradiation at 5 W/kg. The results were similar for pulse-modulated and continuous wave irradiation. No statistically significant support was found for the hypothesis that altered physiological states (stimulation or stress) would alter cellular responses to radiofrequency radiation.

研究の種別:

研究助成

関連論文