研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[細胞ゲノムに対するマイクロ波放射の影響] med./bio.

The effect of microwave radiation on the cell genome.

掲載誌: Mutation Research - Letters 1990; 243 (3): 87-93

この研究は、マイクロ波ばく露連続波、周波数7.7GHz、電力密度30mW / cm 2、ばく露時間15、30、および60分間)を受けた培養チャイニーズハムスター細胞V79における、[3H]チミジン取り込みおよび染色体異常の頻度を調べた。その結果、DNAへの[3H]チミジン取り込みおよびオートラジオグラフィによって得られたデータから、DNAがS期に入るのを完全に阻止することによって[3H]チミジン取り込みの阻害が起来たことが示された;通常の[3H]チミジン取り込み速度は、V79細胞の1世代周期内に回復した;同時に実施された突然変異誘発試験では、そのプロセスにDNA高分子さえ関与することが示された;対照試料と比較して、マイクロ波ばく露を受けた細胞での特定の染色体病変の頻度は高かった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To study the effect of microwave radiation on the incorporation of [³H]thymidine and on the incidence and the frequency of structural chromosome aberrations.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 7.7 GHz
ばく露時間: 15, 30 or 60 min

ばく露1

主たる特性
周波数 7.7 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 15, 30 or 60 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 samples placed below the horn antenna on a thin bakelite plate (1.2 m high).
Additional information slit of the horn antenna was 80 cm.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 300 W/m² unspecified 測定値 - -
電力 2 W - 備考を参照のこと。 - max output of the generator

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results suggest that microwave radiation causes changes in the synthesis as well as in the structure of DNA molecules. The inhibition of [³H]thymidine incorporation took place by complete prevention of DNA from entering into the S phase. The normal rate of [³H]thymidine was recovered within 1 generation cycle. Mutagenic tests showed that even DNA macromolecules were involved in the process. In comparison with the control samples there was a higher frequency of specific chromosome lesions in cells that had been exposed.

研究の種別:

関連論文