研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[アルビノウサギの眼に対するマイクロ波の反復照射の影響] med./bio.

Effects of repeated microwave irradiations to the albino rabbit eye.

掲載誌: Invest Ophthalmol Vis Sci 1977; 16 (4): 315-319

この研究は、アルビノウサギの眼に、1日1回のマイクロ波照射(15分間)を、1か月間、繰り返し行い、臨床検査を最大1年間実施した。この実験に用いた電力密度は、50、100、200、300、400、500 mW/cm2であった。その結果、300 mW/cm2以下では何の変化も見られなかった; このレベル以上では、後嚢下の変色および後部皮質の白内障が生じた;後嚢下の変色は組織学的所見を表していた;非進行性の後部皮質白内障は、水晶体後部近くにマイクロ波により発生した温度レベルの結果であるように見える、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of a repeated 3 GHz microwave exposure to rabbit eye.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 3 GHz
ばく露時間: repeated daily exposure, 15 min/day for a month

ばく露1

主たる特性
周波数 3 GHz
ばく露時間 repeated daily exposure, 15 min/day for a month
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
Additional information The left eye of the was exposed. Please see the reference article for material and methods, equipment and exposure techniques.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 500 mW/cm² maximum 指定なし - 50 mW/cm², 100 mW/cm², 200 mW/cm², 300 mW/cm², 400 mW/cm²

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • eye
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No ocular changes could be detected below power densities of 300 mW/cm². Exposure with higher power densities leads to acute iritis and to posterior subcapsular iridescence. This phenomenon was caused by a vacuolation between cortical cells and posterior lens capsul, as examined by electron microscopy.

研究の種別:

研究助成

関連論文