研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[3000 MHzのマイクロ波の単回ばく露による眼への影響の研究] med./bio.

Investigation of single-exposure microwave ocular effects at 3000 MHz.

掲載誌: Ann N Y Acad Sci 1975; 247: 125-134

この研究は、ニュージーランドアルビノウサギの眼に、3 GHzのマイクロ波を1回照射照射時間は15分間または30分間)し、ばく露後に、最長1年間、細隙灯顕微鏡検査、検眼鏡検査で、眼球組織への影響を調べた。照射時間が15分の場合、入射電力密度は、100、200、300、400、500 mW/cm²、30分の場合、100、200、300 mW/cm²の範囲で実験した。その結果、入射電力密度が、100、200 mW/cm²の場合、照射時間が15分でも30分でも、眼球の急性変化は何も観察されなかった;またここのばく露レベルでは、1ヶ月間隔で1年間継続した検査においても、長期影響は何も観察されなかった;300 mW/cm²以上の場合、急性影響として、縮瞳、前房フレア、結膜充血、虹彩血管拡張などがみられた;これらの症状は熱ストレスにより引き起こされたものと思われ、最長24時間持続した;ばく露から1年後、これらの変化はなくなっていた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of a single 3 GHz microwave exposure to rabbit eye.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 3 GHz
ばく露時間: 15 min
ばく露2: 3 GHz
ばく露時間: 30 min

ばく露1

主たる特性
周波数 3 GHz
ばく露時間 15 min
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • aluminum ellipsoid dish with two focal points 32.848 and 74.848 inches from its vortex
チャンバの詳細 Anechoic chamber/ 16 ft x 16 ft x 32 ft
ばく露装置の詳細 Anesthetized rabbits were positioned on a styrofoam pedestal with the left eye on the axis of the beam, one foot beyond the second focal point of the dish antenna
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 mW/cm² - 測定値 - -
電力密度 200 mW/cm² - 測定値 - -
電力密度 300 mW/cm² - 測定値 - -
電力密度 400 mW/cm² - 測定値 - -
電力密度 500 mW/cm² - 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 3 GHz
ばく露時間 30 min
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 mW/cm² - 測定値 - -
電力密度 200 mW/cm² - 測定値 - -
電力密度 300 mW/cm² - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 感覚器
  • eye
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No ocular changes could be found in animals exposed for 15 or 30 min at power densities of 100 or 200 mW/cm2. Also no longterm effects under these exposure conditions could be observed by monthly examination for a one-year periode.
At 300 mW/cm2 and above, acute effects, such as miosis, anterior chamber flare, injection of the conjunctiva, and dilations of iris vessels, were found. These effects persisted for as long as 24 h and were believed to be caused by thermal stress. One year after exposure these changes were absent.

研究の種別:

研究助成

関連論文