研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[白ラットの脳皮質電図のスペクトラム解析で裏付けられたパルス化マイクロ波による皮質神経の同期] med./bio.

Synchronization of cortical neurons by a pulsed microwave field as evidenced by spectral analysis of electrocorticograms from the white rat.

掲載誌: Ann N Y Acad Sci 1975; 247: 82-86

この研究は、アルビのラットを用いて、パルスマイクロ波脳電図(EEG)に与える直接的影響を探索した。10日間の連続ばく露は、無響チャンバー内で、ラット拘束せずに行われた。パルスマイクロ波は、搬送周波数3 GHz、パルス幅1 μs、パルス繰返し周波数は500 – 600 ppsの範囲で変化させた。ピーク電力150 kWであった。ラットが受けた平均電力密度は5 mW/ cm2であった。ばく露中に記録されたEEGを、スペクトルアナライザで分析した。その結果、パルス繰り返し周波数が安定している状態では、そのようなパルスマイクロ波電磁界へのばく露が、後頭部の脳皮質電図に、パルス繰り返し周波数に同期した周波数がもたらすように見えた;この周波数は、通常、EEG記録される周波数より高く、ばく露終後も数時間は持続した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To demonstrate a direct action of microwave fields on cerebral neurons.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 3 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 10 days

ばく露1

主たる特性
周波数 3 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 10 days
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

500 - 600 pps

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 50 mW/cm² mean - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

It appears that exposure to a pulsed microwave field, when the pulse repetition frequency is stable, yields a frequency synchronous to the pulse repetition frequency on the occipital electrocorticogram. This frequency, which is higher than those generally recorded, persists for a few hours after exposure is terminated.

研究の種別:

研究助成

関連論文