研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウス実験モデルの脳皮質および海馬の活動に対する無線周波電磁界への全身ばく露の影響] med./bio.

Effect of whole-body exposure to high-frequency electromagnetic field on the brain cortical and hippocampal activity in mouse experimental model.

掲載誌: Neuroquantology 2007; 5 (3): 292-303

この研究は、高周波電磁界(HF-EMFばく露中の大脳皮質および海馬活動を直接、記録した。実験は、全身麻酔(ウレタン、20%、2g / kg i.p.)下のLurcher変異マウスで行われ、野生型健康な同腹仔)が対照として使用された。ばく露には、携帯電話(900 MHz)に対応する周波数のHF-EMFを用いた。脳の活動記録にはゲル電極寒天で満たされたシリコンチューブまたはガラス微細管)を用い、HF-EMFの影響がない空間で従来の電極へと接続した。その結果、皮質脳波(ECoG)においては、低周波成分への明確なシフトが示された;ただし、明らかな影響は野生型健康)マウスでのみ観察され、Lurcher変異マウスでは周波数スペクトル間にわずかな違いしか観察されなかった;海馬の律動性においては、両方のタイプの動物健康および変異体)において、高周波成分の穏やかな増加(すなわち、皮質とは反対の影響)ならびに歯状回およびCA1領域から記録されたシータ振動の変化が観察された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study brain cortical and hippocampal activity during exposure to a radiofrequency electromagnetic field, similar to the range used by mobile phones.

詳細情報

It was hypothesized that some brain structures in Lurcher mutant mice should be more sensitive to stimulation with radiofrequency electromagnetic fields as these mice represent a model of neurodegenerative diseases. 20 adult Lurcher mutant mice and 20 healthy wild type mice (control) were exposed. Brain activity was recorded under anesthesia.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 880–890 MHz
ばく露時間: continuous for 40 min

ばく露1

主たる特性
周波数 880–890 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 40 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 Faraday's chamber
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 10 W - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Under exposure, the electrocorticogram evaluation showed a shift towards low frequency components with clear effects in wild type mice and only gentle differences between frequency spectra in Lurcher mutant mice. Measurement of hippocampal rhythmicity showed gentle changes with increase of high frequencies as well as changes of theta wave activity in both groups.
The results support the idea of a different vulnerability of the central nervous system in mice with neurodefective brain to the influence of radiofrequency electromagnetic fields in comparison with controls.

研究の種別:

研究助成

関連論文