研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[乳酸デヒドロゲナーゼ(LDH)の酵素活性に対するマイクロ波エネルギーの影響の分析] med./bio.

Analysis of the effects of microwave energy on enzymatic activity of lactate dehydrogenase (LDH).

掲載誌: J Microw Power 1978; 13 (1): 95-99

この研究は、マイクロ波エネルギー(3 GHz)と乳酸脱水素酵素LDH)の相互作用を分析した。照射中の定常状態または動的状態において、酵素活性をモニタした。出力レベルを変化させ(最大6 W)、それぞれの正確な比吸収率に基づき評価を行なった。その結果、エネルギー吸収による温度変化が生じない場合、永続的または一時的な変化は何も引き起こされなかった;より高いエネルギー値の場合、影響は純粋に熱的なものであった;さらに言えば、マイクロ波照射によって引き起こされる反応速度の熱的活性化は、本質的に、酵素反応の時間的進行と良好にフィットすることを十分に示した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To analyze the enzymatic activity of lactate dehydrogenase (LDH) during microwave irradiation with variable power levels at accurate control of energy absorption and temperature variations.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 3 GHz
Modulation type: CW
  • SAR: 33 mW/g minimum (unspecified) (165 W/kg, 330 W/kg, 660 W/kg, 990 W/kg, 1320 W/kg, 1650 W/kg.)
  • SAR: 1.98 W/g maximum
ばく露2: 3 GHz
Modulation type: CW
  • SAR: 330 mW/g minimum (unspecified) (595 W/kg.)
  • SAR: 960 mW/g maximum

ばく露1

主たる特性
周波数 3 GHz
特性
  • guided field
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 Cuvette inserted into the waveguide.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 33 mW/g minimum 電力損失による決定値 unspecified 165 W/kg, 330 W/kg, 660 W/kg, 990 W/kg, 1320 W/kg, 1650 W/kg.
SAR 1.98 W/g maximum 電力損失による決定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 3 GHz
特性
  • guided field
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 Cuvette inserted into the waveguide.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 330 mW/g minimum 電力損失による決定値 unspecified 595 W/kg.
SAR 960 mW/g maximum 電力損失による決定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

The effects induced by microwave exposure on the accelerated enzyme velocity are ascribed to be only thermal. No changes could be induced in the enzyme activity by microwave irradiation when the energy absorption does not cause a temperature variation.

研究の種別:

研究助成

関連論文