研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[835 MHzの電磁放射ばく露による肥満細胞株、RBL-2H3の細胞増殖、形態、分泌能に及ぼす影響] med./bio.

Effects of exposure to electromagnetic radiation at 835 MHz on growth, morphology and secretory characteristics of a mast cell analogue, RBL-2H3.

掲載誌: Cell Biol Int 1997; 21 (7): 427-439

<目的>携帯電話で使用される周波数の電磁界生物学的影響については良く知られていないので、今回の研究でこれを明らかにする。 <方法>7日間にわたって一日3回20分ずつ肥満細胞株、RBL-2H3を835MHzの電磁界に曝露した。細胞増殖は96穴平底プレートに1.5×10^3/wellの細胞密度培養し、18時間のトリチウムサイミジンの取り込みで検討した。Fアクチン線維分布、細胞形態の変化、細胞の高さの測定は蛍光顕微鏡、および共焦点顕微鏡を用いて検討した。PMAおよびカルシウムイオノフォアーで30分刺激後、培養上清中のベータヘキサミニダーゼ濃度を測定し分泌能の指標とした。細胞骨格タンパクの合成は、細胞質タンパクおよび細胞骨格タンパクのSDS-PAGEにより検討した。 <結果及び結論>4日目から、DNA合成細胞分裂の増加、アクチン線維分布、細胞形態の変化、カルシウムイオノフォア刺激に対するベータヘキサミニダーゼの増加が見られた。細胞骨格タンパクの合成やベータアクチンmRNAの程度には影響がなかった。形態の変化は曝露中止後7日間持続した。835MHzの電磁放射曝露により刺激伝達系を介してこのような変化を来していると思われた。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

A mast cell line was used to determine effects of exposures to electromagnetic radiation at a frequency used by mobile communication on a range of cellular processes.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 835.1 MHz
ばく露時間: repeated daily exposure, 3 x 20 min/day at 4-h intervals, for 7 days

ばく露1

主たる特性
周波数 835.1 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 repeated daily exposure, 3 x 20 min/day at 4-h intervals, for 7 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 The exposure chamber consisted of an aluminium box of 1.10 m internal side length. The antenna was mounted horizontally at the centre of the mid-plane of the chamber.
ばく露装置の詳細 Sealed flasks containing the sample cultures were placed 4 cm above the mid-plane on a wooden platform.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information The cavity had a resonant frequency of 818.2 MHz and was not strongly resonant at 835.1 MHz. 1% of the power was reflected back into the source.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 175 V/m maximum 測定値 - -
電界強度 30 V/m minimum 測定値 - -
電力密度 8.1 mW/cm² maximum 測定値 - ± 3 mW/cm²
電力密度 2.4 mW/cm² spatial average 測定値 - -
電力密度 4.2 mW/cm² mean 備考を参照のこと。 - ± 2.1 mW/cm² derived from temperature rise

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Exposure of RBL-2H3 cells elicits alterations in cell proliferation (the rate of DNA synthesis and cell replication increased), F-actin distribution, cell morphology and secretion. The amount of β-hexosaminidase released in response to a calcium ionophore was significantly enhanced, in comparison to unexposed cultures. After 7 days of exposure the morphological rearrangements persisted through subculture in the absence of exposure to electromagnetic field. The authors propose that this frequency may be affecting molecules associated with the signal transduction pathway in these cells.

研究の種別:

研究助成

関連論文