研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラット扁桃体基底外側複合体の電気的および化学的刺激はコカイン探索行動に復帰させる] med./bio.

Electrical and chemical stimulation of the basolateral complex of the amygdala reinstates cocaine-seeking behavior in the rat.

掲載誌: Psychopharmacology (Berl) 2003; 168 (1-2): 75-83

この研究は、ラット扁桃体の基底外側複合体(BLC)に低周波電流刺激を与え、BLCがコカイン要求行動に介在する神経回路の一部であるか否かを調べる実験を行なった。まず、コカイン注入用のカテーテル挿入されたラットは、固定比率強化スケジュールでコカイン静脈注入を求めるレバー押し行動の訓練を受けた。コカイン摂取量がベースライン基準に達すると、コカインの代わりに生理食塩水が注入されるため、レバー押し行動はなくなった。レバー押し行動が消滅した後に、BLCに短時間の電気刺激(20 Hz、400 μAまたは2 Hz、400 μA)を1回あたり200パルス与え、レバー押し行動を観察した。または興奮性アミノ酸NMDA刺激を与えてのレバー押し行動も観察した。その結果、20 Hzの電気刺激は、コカイン自己投与に結び付けられていたレバー押し行動を回復させたが、2 Hz刺激ではそのような効果は見られなかった;BLC以外の部位(小脳および内側前脳束)の電気刺激は、コカイン要求を回復させなかった;したがって、コカイン要求行動は、周波数に依存し、解剖学的に選択的であった;BLCへのNMDA注入もコカイン要求行動を回復させた;以上から、BLCは薬物要求行動を媒介する神経系の一部であるという仮説が支持された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine whether electrical or excitatory amino-acid stimulation of the basolateral complex of the amygdala is sufficient to induce reinstatement of cocaine seeking in rats.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 20 Hz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 200 pulses given at 1 h intervals
  • I = 400 µA
ばく露2: 2 Hz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 200 pulses given at 1 h intervals
  • I = 400 µA

ばく露1

主たる特性
周波数 20 Hz
タイプ
  • electric field
波形
  • pulsed
ばく露時間 200 pulses given at 1 h intervals
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 0.4 ms
Pulse type rectangular
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • pulse generator
Distance between exposed object and exposure source 0.07 m
チャンバの詳細 30 cm x 20 cm x 24 cm chambers
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
参照 - - - - I = 400 µA

ばく露2

主たる特性
周波数 2 Hz
タイプ
  • electric field
波形
  • pulsed
ばく露時間 200 pulses given at 1 h intervals
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 0.4 ms
Pulse type rectangular
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Distance between exposed object and exposure source 0.07 m
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
参照 - - - - I = 400 µA

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

It could be demonstrated that electrical or chemical stimulation of the basolateral complex is sufficient to reinstate drug seeking in behaviorally extinguished rats.

研究の種別:

研究助成