研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ウシリンパ球に対するマイトマイシンCとマイクロ波放射の遺伝毒性影響] med./bio.

Genotoxic effects of mitomycin-c and microwave radiation on bovine lymphocytes.

掲載誌: Electro Magnetobiol 1996; 15 (2): 99-107

この研究は、マイクロ波放射(周波数 9 GHz、SAR 70 mW / g、ばく露時間10分)が、ウシ(学名:Bos Taurus L.)の培養末梢血リンパ球遺伝毒性効果を生じさせるか否かを調べた。遺伝毒性は、細胞質分裂阻害小核MN)試験法で評価した。MN誘導陽性対照として、マイトマイシン-C(MMC)が使用された。このアルキル化剤は強力な遺伝毒性放射線のような)作用を有することが知られている。あるかも知れない協同作用を評価するために、マイクロ波ばく露した培養物試料の一部をMMCで処理した。その結果、この動物種にMN頻度増加を誘導するMMCの最適用量は0.044μg/ mlであり、マイクロ波放射はMMCの有無にかかわらずMN頻度の有意な増加を誘導することが示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To ascertain whether microwave radiation may produce genotoxic effects, assessed by cytokinesis-block micronucleus assay, in bovine peripheral blood lymphocytes.

詳細情報

Mitomycin C was used as positive control for the micronucleus induction.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 9 GHz
ばく露時間: 10 min

General information

blood samples were treated in four groups: i) control = no treatment ii) exposure to EMF iii) addition of Mitromycin = MMC iv) exposure to EMF + MMC

ばく露1

主たる特性
周波数 9 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 10 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 70 mW/g - 計算値 - -

Reference articles

  • d'Ambrosio G et al. (1995): [制御された条件下においてインビトロばく露したヒトリンパ球に対する振幅変調マイクロ波の遺伝毒性影響]

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Microwave radiation induces a statistically significant increase in micronucleus frequency both with and without mitomycin C. The optimal dose of mitomycin C to induce micronucleus frequency increase in this species is 0.044 µg/ml.

研究の種別:

研究助成