研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波および温熱と酸化的溶血との相互作用] med./bio.

Microwave and thermal interactions with oxidative hemolysis.

掲載誌: Physiol Chem Phys Med NMR 1984; 16 (4): 317-323

この研究は、ヒト赤血球の自然溶血に対するパルスマイクロ波放射の影響を調べた。パルスマイクロ波は、搬送周波数2450 MHz、3,333パルス/秒、デューティファクタは0.02、平均SARは0.4 W/ kgであった。細胞は、温度37、42、48 °Cで、20分間、マイクロ波放射を受けた。その後、これら細胞の一部は、1-クロロ-2,4-ジニトロベンゼン(CDNB)処理および/または小麦胚芽凝集素-西洋ワサビペルオキシダーゼWGA-HRP)コンジュゲートでのコーティングにより、酸化損傷の感受性を高められた。その結果、無処置の細胞の自然溶血は、42°Cで、マイクロ波ばく露により有意に減少したが、37 °Cまたは48°Cでは、影響は見られなかった;マイクロ波ばく露は、42°Cで、CDNBによる細胞膜安定化効果を有意に増強したが、37 °Cまたは48°Cでは、影響は見られなかった;マイクロ波ばく露は、42 ℃で、WGA-HRPコーティングされた細胞の溶血を増加させた;マイクロ波なしの場合、WGA-HRPとCDNBの両方で処理された細胞は、42 ℃では脆弱性が変化せず、48 ℃では脆弱性が増加した、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of 2450 MHz (2.45 GHz) microwave irradiation on spontaneous hemolysis of human erythrocytes in vitro. Some of these cells were treated with CDNB (1-chloro-2,4-dinitrobenzene) and/or coated with WGA-HRP conjugate (wheat germ agglutinin-horseradish peroxidase conjugate) for sensing oxidative damage.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 20 min

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
ばく露時間 20 min
Modulation
Modulation type pulsed
Duty cycle 0.02 %
Repetition frequency 3,333 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 Cell suspensions were held in a 1.2 cm x 5.1 cm cellulose nitrate tube which was contained in a polystyrene foam test tube holder placed in the waveguide.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 400 µW/g mean 指定なし - -
電力密度 50 W/m² mean 測定値 - -

Reference articles

  • Guy AW et al. (1979): [小動物のマイクロ波慢性ばく露に用いる円偏光2450 MHz導波管装置]

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Microwave exposure significantly decreased spontaneous hemolysis of untreated human erythrocytes at 42°C, but had no effect at 37°C or 48°C. Microwave exposure significantly enhanced a CDNB membrane stabilizing effect at 42°C but not at 37°C or 48°C. WGA-HRP coated cells showed an increased hemolysis under microwave exposure at 42°C, whereas cells treated with both WGA-HRP and CDNB showed no fragility at 42°C and increased fragility at 48°C without a microwave effect.

研究の種別:

研究助成

関連論文