研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[若い女性の乳がんリスクと電気毛布の使用] epidem.

Electric blanket use and breast cancer risk among younger women.

掲載誌: Am J Epidemiol 1998; 148 (6): 556-563

家庭内での最大の磁界ばく露源である電気毛布の使用が女性の乳がんリスクと関係があるかどうかを調べるために、米国の症例-対照データを分析している。55歳以下の2199名の症例患者は、新たに1990-19922年に乳がん診断された。5年齢グループと地域に一致した2009名が対照である。電気毛布、マットパッド、加熱ウオーターベッドなどをこれまで使用してきた45歳以下(オッズ比(OR)=1.01, 95%CI: 0.86-1.18))と45歳以上(OR=1.12 95%CI: 0.87-1.43)の女性に影響はなかった。使用期間によってもリスクはなかった(電気毛布を単にベットを暖めるだけに使用しているかどうか、または夜間通して使用している、月経終了の状況、または症例のホルモン受容体疾患の段階)。電気毛布使用と関連した乳がんリスク因子は、調べた範囲内で関連性を交絡することはなかった。55歳以下の女性に磁界乳がんリスクの可能性があるという仮説は実証されなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文