研究状況の概観

Epidemiological studies on mobile communications

328研究
  1. 120研究
  2. 99研究
  3. 91研究
  4. 47研究
  5. 17研究
Authors Year Study type Study group Observation period Study location Endpoints Parameters
Al-Chalabi SS et al. 2011 - - - - - 携帯電話, 移動体通信システム
Suresh S et al. 2011 サーベイ 男性, 女性 2008 米国 高血圧 移動体通信システム, 携帯電話, 個人用
Panda NK et al. 2011 - 男性, 女性, 18–45年 2008年7月 - 2009年12月 インド(チャンディーガル) 聴覚機能の変化 移動体通信システム, 携帯電話, GSM, CDMA, TDMA, 個人用
Divan HA et al. 2011 コホート研究 小児, 0–7年 - デンマーク 運動、認知、言語のマイルストーンの発達の遅れ 携帯電話, 移動体通信システム, 個人用
Saravi FD 2011 横断的研究 男性 示されず アルゼンチン 左右の臀部の骨の無機質化 移動体通信システム, 携帯電話, 個人用
Buchner K et al. 2011 - 男性, 女性, 小児, 2–68年 2004年1月 - 2005年7月 ドイツ(リムバッハ) アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン、フェニルエチルアミンの尿中レベル 移動体通信システム, 携帯電話基地局, GSM, 住宅環境の
Thomas S et al. 2010 コホート研究 小児, 12–15年 2006 - 2007 オーストラリア(メルボルン) 認知機能(信号検出、作業記憶、学習、Stroop検査) 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 個人用
Hardell L et al. 2010 - 男性, 女性, 18–30年 - スウェーデン ベータトレースタンパク質の血中濃度 移動体通信システム, アナログ携帯電話, デジタル携帯電話, GSM, UMTS, DECT, 個人用
Breckenkamp J et al. 2010 横断的研究 男性, 女性, 15–71年 2006年3‐4月 ドイツ(ベルリン、ルール地域の西部、ハンブルク、ケルン/ボン、ミュンヘン、ドレスデン、ハノーファー、シュツットガルト) 頭痛、健康不良、精神的及び身体的健康, 睡眠障害, リスク認知(懸念なし、懸念あり、自身の健康への悪影響を基地局のせいにする) 移動体通信システム, デジタル携帯電話, 携帯電話基地局, GSM, UMTS, TETRA/TETRAPOL, DECT, W-LAN/WiFi, TV 放送 (VHF/UHF), FM 放送(UKW), 住宅環境の
Panda NK et al. 2010 横断的研究 男性, 女性, 18–45年 2005年7月 - 2006年11月 インド(チャンディーガル) 聴覚の乱れ 移動体通信システム, デジタル携帯電話, GSM, TDMA, 個人用