インターホンプロジェクト

英語: Interphone project
ドイツ語: Interphone-Projekt

国際がん研究機関(JARC)は、携帯電話健康悪影響を引き起こすか否かを明らかにすることを目的として一連の多国による症例対照研究組織し、推進している。もしRFが発がん性であれば、携帯電話使用に関連する可能性が高いと思われる聴神経鞘腫神経膠腫髄膜腫耳下腺腫瘍に関する疫学研究が実施されている。参加国は、オーストラリア、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イスラエル、イタリア、日本、ニュージーランド、ノルウェー、スウェーデン、英国。
最終報告書(2011年10月3日)
インターホンプロジェクトの公表物(第一著者と英文の表題冒頭部を示す):
The INTERPHONE Study Group (2010): Brain tumour risk in relation to mobile telephone use ...
Takebayashi T (2008): Mobile phone use, exposure to...
Cardis E (2007): The INTERPHONE study: design, epidemiological...
Sadetzki S (2007): Cellular Phone Use and Risk of Benign ...
Klaeboe L (2007): Use of mobile phones in Norway and risk...
Lahkola A (2007): Mobile phone use and risk of glioma ...
Lönn S (2006): Mobile phone use and risk of parotid gland ...
Hepworth SJ (2006):Mobile phone use and risk of glioma ...
Schüz J (2006): Cellular phones, cordless phones, and...
Berg G (2006): Occupational exposure to radio frequency...
Takebayashi T (2006): Mobile phone use and acoustic ...
Vrijheid M (2006): Validation of short term recall of mobile...
Berg G (2005): Assessment of radiofrequency exposure...
Christensen HC (2005): Cellular telephones and risk for ...
Lönn S (2005): Long-term mobile phone use...
Schoemaker MJ (2005): Mobile phone use and risk...
Christensen HC(2004): Cellular telephone use and risk...
Lönn S (2004): Mobile Phone Use and the Risk...
Cardis E (1999): International Case-Control Study of ... (study protocol)

この用語を含む論文を検索する