研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話から発生する電磁界が若いボランティアの脳幹聴覚機能に及ぼす急性影響はない] med./bio.

No effects of acute exposure to the electromagnetic field emitted by mobile phones on brainstem auditory potentials in young volunteers.

掲載誌: Int J Occup Med Environ Health 2003; 16 (3): 201-208

この研究は、ポーランドで使用されている450、935、1800 MHzの携帯電話からの電磁界EMF)へのばく露中およびばく露後の聴性脳幹反応(ABR)への影響を調べた。被験者は、若くて健康な男女45人である。各被験者は、電源をオンにした携帯電話アンテナからのパルス電磁界へのばく露を20分間受け、ばく露の開始前、ばく露中、終了直後にそれぞれ、ABR検査を受けた。ABRデータは、I、III、V波の潜時およびI-V波間潜時を分析した。ファントムを用いた事前のキャリブレーション試験で、携帯電話から発生する外部EMFがABR検査装置に影響を与えないことを確認した。結果として、どの携帯電話周波数においても、どのEMF周波数でも、ばく露前のABRパターンと比較して、EMFばく露中およびばく露後の各波および波間の潜時に差がないことが、男性と女性の両方で示された;この知見は、一般的な携帯電話が、聴覚神経に沿った聴覚脳幹中枢への電気刺激の伝播に影響を与えないことを意味する、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of electromagnetic fields generated by mobile phones (at all standard wavelengths: 450, 935 and 1800 MHz used in Poland) on the auditory brainstem-evoked responses (ABR) during and after the exposure.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 450 MHz
ばく露時間: intermittent, 4 times/min with 1 s break, for 20 min per ear
ばく露2: 935 MHz
ばく露時間: intermittent, 4 times/min with 1 s break, for 20 min per ear
ばく露3: 1,800 MHz
ばく露時間: intermittent, 4 times/min with 1 s break, for 20 min per ear

ばく露1

主たる特性
周波数 450 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 intermittent, 4 times/min with 1 s break, for 20 min per ear
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
Distance between exposed object and exposure source 0 cm
チャンバの詳細 The examination was performed in a darkened, sound-proof room with the subject lying comfortably.
ばく露装置の詳細 The external antenna of the mobile phone was attached directly to the skin above the ear at the tempo-occipital region of the head.
Additional information The exposure consisted of repeated activation of the phone, 4 times/min at 1s intervals between exposures. The stimulation was performed for 20 min first on the right ear and then on the left ear.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.15 W/m² - 測定値 - -

ばく露2

主たる特性
周波数 935 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 intermittent, 4 times/min with 1 s break, for 20 min per ear
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Distance between exposed object and exposure source 0 cm
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.052 W/m² - 測定値 - -

ばく露3

主たる特性
周波数 1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 intermittent, 4 times/min with 1 s break, for 20 min per ear
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Distance between exposed object and exposure source 0 cm
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 0.11 W/m² - 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

For neither electromagnetic field frequency, differences were revealed in wave and inter-wave latencies during and after exposure to electromagnetic field compared to the initial auditory brainstem response pattern. This implies that commonly used mobile phones do not affect neural conduction along the auditory nerve to auditory brainstem centers.

研究の種別:

研究助成

関連論文