研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ヒト聴覚に対するGSM携帯電話の影響:ヨーロッパプロジェクト"GUARD"] med./bio.

Effects of GSM Cellular Phones on Human Hearing: The European Project "GUARD".

掲載誌: Radiat Res 2007; 168 (5): 608-613

GUARDと名付けられたヨーロッパの複数研究センター共同プロジェクトは、9つの施設から成り、GSM携帯電話から生じる低強度の電磁界(EMF)ばく露の結果としての聴覚機能の潜在的変化を評価することを目的とした。参加者は、聴力または耳の疾患のいかなる証拠もない健康な若年成人である。EMFばく露の前後、直ちに聴覚機能が、ばく露された耳でのみの検査で評価された。この手順は二重盲検法によって2度実施され、1度は実際のEMFばく露、もう1度は擬似ばく露(少なくとも24時間の間隔で)である。聴覚機能評価のための検査は、聴力閾値レベル(HTL)、誘発耳音響放射(TEOAE)、歪成分耳音響放射(DPOAE)および聴性脳幹反応(ABR)である。片方の耳にイヤホーン経由で送られた典型的な会話レベルの音声に加えて実際のEMFばく露または擬似ばく露がされた。EMFばく露には、ソフトウェア制御を施した販売用携帯電話の出力を最大出力で10分間用いた。参加者がばく露に影響を与えずに自分の頭を自由に動かせるような携帯電話の位置調整システムが使用された。データの分析は、聴覚系の状態の主な指標に対するGSM携帯電話信号のばく露の影響はないことを示した。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the possible effects of exposure to GSM-modulated electromagnetic fields (at both 900 MHz and 1800 MHz) on the hearing system of humans.

詳細情報

169 subjects participated. The procedure was conducted twice: once with electromagnetic field exposure and once with sham exposure (at least 24 h apart).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 10 min
ばく露2: 1,800 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 10 min

General information

There were two sessions on separate days (at least 24 h apart) with a real (test) exposure and with a sham (control) exposure in a double-blind counterbalanced design. Half of the participants received GSM exposure at 900 MHz and at 1800 MHz, respectively.

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 10 min
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

GSM

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • at full power
ばく露装置の詳細 A system of phone fixation, made of non-metallic plastic materials and consisting of a headband, an adjustable arm and a phone holder that allowed free head movement, was used for placing the phone in the normal use position, in accordance with CENELEC standard EN 50361.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information The sham or genuine exposure was realised using a 50-Ω resistive load or an open-circuit dummy load of the same shape and structure connected to the remote antenna connector of the phone.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 2 W - - - -
SAR 0.41 W/kg maximum 測定値 1 g -

ばく露2

主たる特性
周波数 1,800 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 10 min
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

GSM

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 1 W - - - -
SAR 0.19 W/kg maximum 測定値 1 g -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No effects of exposure to GSM mobile phone signals on the main measures of the status of the auditory system were found.

研究の種別:

研究助成

関連論文