研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[表皮メルケル細胞に対する携帯電話からの電磁放射の影響] med./bio.

Effects of electromagnetic radiation from a cellular telephone on epidermal Merkel cells.

掲載誌: J Cutan Pathol 2003; 30 (2): 135-138

この研究は、ラットメルケル細胞皮膚に存在する、軽い接触感覚を司る機械的受容体)に対する携帯電話(900 MHz)からの電磁放射(EMR)の影響を調べた。ばく露群のラットは、30分間、通話状態の携帯電話からのEMRばく露を受けた。擬似ばく露群は、ばく露群と同じ環境条件下で30分間、擬似ばく露を受けた。その結果、ばく露群では、擬似ばく露群と比較して、メルケル細胞細胞外排出活性が有意に高かった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate whether electromagnetic radiation (EMR) from a cellular telephone (900 MHz) induces histological changes in rat Merkel cells.

詳細情報

Merkel cells are a special kind of sensory cells which could be found in the epidermis.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 30 min

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 30 min
Modulation
Modulation type pulsed
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
ばく露装置の詳細 The mobile phones were positioned in close contact with the rats at a distance preventing mechanical stimulation of the snouts.
Additional information The phones were either turned to the speech position (established contact) or to the standby position. The latter seems to be considered by the authors as sham exposure.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 2 W peak - - -
電力密度 0.02 mW/cm² mean 指定なし - -

Reference articles

  • Irmak MK et al. (2002): [ウサギの酸化および抗酸化レベルに対する携帯電話からの電磁放射の影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • epidermis
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Examination by electron microscopy of epidermal tissue of the rat snout revealed a significantly higher exocytotic activity of Merkel cells in exposed animals.

研究の種別:

研究助成

関連論文