研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話シグナル摸擬時のEEGに対する性差] med./bio.

Gender related differences on the EEG during a simulated mobile phone signal.

掲載誌: Neuroreport 2004; 15 (16): 2557-2560

この研究は、携帯電話から放出されるものと同様の電磁界EMF)が脳活動に与える影響とその性別関連性を調査した。10人の女性および9人の男性は、900 MHz信号の無ばく露セッション(ベースライン)およびばく露セッション中に短期記憶課題(ウェクスラーテスト)を遂行した。15頭皮電極法の脳電図(EEG)記録から、総波形およびアルファ、ベータ、デルタ、シータ波のエネルギーおよびリズムを計算した。その結果、男性のベースラインEEGエネルギーは女性のそれよりも大きかったが、EMFへのばく露は男性のEEGエネルギーを減少させ、女性のEEGエネルギーを増加させた;記憶タスク遂行成績は、EMFばく露および性別の影響に対して不変であった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the gender-related influence of electromagnetic fields, similar to that emitted by mobile phones, on brain activity of human subjects.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
ばく露時間: continuous for about 45 min

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for about 45 min
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 Faraday room
ばく露装置の詳細 Subjects sat in an anatomical chair, and the antenna was fixed near their right ear at a constant distance.
Additional information The subjects attended two sessions, with and without radiation, in random order and with an interval of two weeks.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 64 mW mean - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Baseline EEG energy of males was greater than that of females, while exposure to electromagnetic fields decreased EEG energy of males and increased that of females. Memory performance was invariant to electromagnetic field irradiation exposure and gender influences. These results indicate that electromagnetic fields may exert a gender-related influence on brain activity.

研究の種別:

研究助成

関連論文