研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[職業磁界と女性の乳がん:スウェーデンの母集団登録と新しいばく露データを使用した症例対照研究] epidem.

Occupational magnetic fields and female breast cancer: a case-control study using Swedish population registers and new exposure data.

掲載誌: Am J Epidemiol 2005; 161 (3): 250-259

職業上の磁界ばく露についての最近の幾つかの疫学研究は、女性の乳がん磁界との関係性が示唆されている。本研究の目的は、改善したばく露評価を用いてより広範なスエーデン登録記録を使用して、この仮説を確かめることである。研究は、1976-1999年の全女性からなっており、スウェーデンのストックホルム郡とゴットランド郡で雇用されている女性である。合計20, 400名の乳がん女性を登録所から特定し、116, 227名の対照群を無作為に選択した。エストロゲン受容体の状態、職業、社会経済的地位、年齢などの情報を得た。女性に対する個人磁界ばく露測定に基づき、新たに作成した職業-ばく露マトリックスに関連づけてばく露を評価した。ばく露のカットポイント、またはばく露パラメータの選択に無関係に、全リスク推定値は1.0であった。0.3uTまたはそれ以上にばく露された女性の全オッズ比は1.01(95%CI:0.93-1.10)であった。研究の大きさからはかなりの精度で推定ができ、磁界が女性乳がんリスク誘発する仮説を支持していない。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

この論文に対するコメント

関連論文