研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[超低周波電磁界ばく露と女性の乳がんリスク:症例24338人及び対照60628人に基づくメタ分析] epidem.

Extremely low-frequency electromagnetic fields exposure and female breast cancer risk: a meta-analysis based on 24,338 cases and 60,628 controls.

掲載誌: Breast Cancer Res Treat 2010; 123 (2): 569-576

この研究は、超低周波電磁界(ELF-EMFばく露と女性の乳がんリスクに関する症例対照研究メタ分析である。2000年から2009年までの間に発表された15の研究を分析に含め、症例24,338人と対照60,628人を対象としたと述べている。ただし、ばく露指標に電気毛布の使用の有無、ジョブマトリクスなどを用いた研究も含まれる。ばく露群の磁界レベル基準は0.2μTとしたものが多い。全分析の結果、OR=0.988、95%CI=0.898-1.088が示され、その他のサブグループ人席でも有意な関連は示されなかった、と報告している。この結果はErrenが2000年に実施した以前のメタ分析のそれと一致していると述べている。

研究の目的(著者による)

超低周波電磁界ばく露に関連した女性の乳がんリスクを評価するため、メタ分析を実施した。

詳細情報

2000-2009年の期間に13報の論文に発表された15の症例対照研究を本メタ分析に含めた:Zheng他、2000McElroy他、2001Wjingaarden他、2001Davis他、2002Kabat他、2003(別のシリーズの2つの症例と対照を含む)、Schoenfeld他、2003Kliukiene他、2003Labreche他、2003London他、2003(別のシリーズの2つの症例と対照を含む)、Zhu他、2003Kliukiene他、2004Forssen他、2005、及び McElroy他、2007
本研究では異なる種類のばく露評価を用いた。各研究のデータは、0.2µT未満、または0.2µT以上の2つのカテゴリーの磁界ばく露に分類した。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

リスク推定のタイプ: (オッズ比(OR))

ばく露

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 磁界ばく露: < 0.2 µT
集団 2 磁界ばく露: ≥ 0.2 µT

調査対象集団

調査規模

タイプ
合計 24,338
統計学的分析方法:

結論(著者による)

全体的な分析の結果は、超低周波電磁界ばく露と女性の乳がんリスクとの統計的に有意な関連を示さなかった(OR 0.988、CI 0.898-1.088)。ばく露モード別(居住環境、職業、電気毛布使用)、閉経状態、エストロゲン受容体状態についての全てのサブグループ分析でも、統計的に有意な関連は認められなかった。
結論として、このメタ分析は、超低周波電磁界ばく露は女性の乳がんリスクと関連していないことを示唆している。

研究助成

関連論文