研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[GSMマイクロ波への急性ばく露後のマウス脳における最初期遺伝子c-fosの発現] med./bio.

Expression of the immediate early gene, c-fos, in mouse brain after acute global system for mobile communication microwave exposure.

掲載誌: Pathology 2005; 37 (3): 231-233

この研究は、脳内の最初期遺伝子神経細胞において,刺激に反応して,新しいタンパク質合成を必要とせずに転写開始する遺伝子群)であるc-fosの発現に対するGSM携帯電話電磁界への急性ばく露の影響を調べた。900 MHz専用設計のばく露システムを使用して、マウスに4 W / kgのSARで、60分間の遠方界全身ばく露を1回与えた。擬似ばく露マウスまたはケージ内自由行動マウスを対照とした。c-fosタンパク質発現は、灌流固定脳で免疫組織化学的に測定した。その結果、ばく露を受けたマウスの脳と擬似ばく露の脳におけるc-fosの活性化は同等であったが、自由行動マウスのものに比べ、大きく増加した;これらの知見は、c-fos発現により検出された急性ゲノム応答の大部分は、電磁界ばく露によるものではなく、身体拘束によるものであることを示唆している、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of acute exposure to GSM (Global System for Mobile Communication) radiofrequency fields on immediate early gene (c-fos) expression in the brain.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 900 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 60 min
  • SAR: 4 W/kg average over mass (whole body)

ばく露1

主たる特性
周波数 900 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
ばく露時間 continuous for 60 min
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 0.6 ms
Repetition frequency 217 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 Exposure modules (with well-defined dosimetry) consisted of a cylindrical parallel plate with mice restrained in ventilated clear Perspex tubes arranged around the antenna.
Additional information Three groups of mice were used: exposed, sham-exposed and control mice without handling or further restraint.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 4 W/kg average over mass 指定なし whole body -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Activation of c-fos in the brains of exposed and sham-exposed mice was comparable, but it was greatly increased compared to brains of freely moving control animals. These data indicate that the majority of the acute genomic response detected by c-fos expression was due to immobilisation rather than irradiation.

研究の種別:

研究助成

関連論文