[定常磁界に対する魚の胚と稚魚の反応] med./bio.

Reaction of fish embryos and larvae to constant magnetic fields.

掲載誌: Ital J Zool 1998; 65: 479-482

低レベルの一定磁界はマス(Salmo trutta)とニジマス(Oncorhynchus mykiss)の胎児の発育に遅れをもたらす。孵化も時間がかかり重くなる。また対照群よりの運動感覚がある。磁界はタイ(Esox lucius)やマス(Cyprinus carpio)、さらにマス(S.trutta)などの胎児の循環運動を変化させる。胎児への磁界ばく露心臓リズム、特に心臓形成の初期のパルス間隔を増加させる。磁界はニジマスの胎児のガス交換を変化させる。しかし、磁界中での呼吸レベルは、器官形成時に依存しており、器官形成期で確定される。ニジマスとマスの胎児は地磁気ならびに人工的に生じさせた磁界中で方向感覚を示す。

ばく露

関連論文