研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[静磁界及び交流磁界に影響される生物の両側不安定性の兆候としてのニジマス(Oncorhynchus mykiss)の幼魚の非対称耳石変動] med./bio.

Otolith fluctuating asymmetry in larval trout, Oncorhynchus mykiss Walbaum, as an indication of organism bilateral instability affected by static and alternating magnetic fields.

掲載誌: Sci Total Environ 2020; 707: 135489

沖合の風力発電設備や海底電力ケーブル等の人工構造物による地磁気のかく乱の影響が増加していることから、この研究は、10 mTの静磁界または1 mTの50 Hz磁界が、魚類の聴覚と平衡感覚を司る内耳器官の発達の不安定性に影響を及ぼすかどうかを、実験室で37日間(卵の段階で13日間、幼魚の段階で24日間)飼育したニジマス(Oncorhynchus mykiss)における耳石の大きさの左右対称性の揺らぎ(FA)で調べた。静磁界及び50 Hz磁界の強度は、海底の直流及び交流ケーブルの近傍で記録された値を用いた。その結果、耳石のFAに対する静磁界の影響力は統計的に有意で、孵化後日数が5日目(5 dph)の幼魚のグループで最も有意であった(15 dph及び23 dphの幼魚との比較)。また、対照群と比較して、50 Hz磁界ばく露群の耳石のFAも大きかったが、その差は統計的に有意ではなかった、と著者らは報告している。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 0 Hz
ばく露2: 50 Hz

ばく露1

主たる特性
周波数 0 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 10 mT - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 1 mT - - - -

Reference articles

  • Fey DP et al. (2019): [人為起源の磁界及び電磁界は出生後初期段階の魚類に対する潜在的脅威か?]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究助成

関連論文