研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[hsp-70.1欠損マウスのラジオ周波数電磁界への亜慢性ばく露] med./bio.

Subchronic exposure of hsp70.1-deficient mice to radiofrequency radiation.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2005; 81 (10): 781-792

この研究は、ストレスに対して脆弱性を持つhsp70.1欠損マウスを用いて、高周波RF電磁界ばく露の影響を調べた。8週齢のhsp70.1欠損マウスに、849 MHzおよび1763 MHz全身ばく露(0.4 W / Kg)を、1日に45分間ばく露を15分間隔で2回、週5日、10週間継続した。主要組織組織病理学的に分析し、細胞増殖活性について免疫細胞化学的に評価した。アポトーシスはTdTを介したdUTPニックエンドラベリング(TUNEL)アッセイによって調べた。ストレス応答誘発を評価のするため、熱ショックタンパク質HSP)の発現レベルおよびストレス活性化キナーゼリン酸化をウエスタンブロットで測定した。その結果、擬似ばく露群およびRFばく露群に、組織病理学的分析での差はなかった;増殖およびアポトーシス活性の増加の証拠はなかった;HSP90HSP70、およびHSP25のレベルには明らかな変化はなかった;RFばく露は、主要な分裂促進因子活性化タンパク質キナーゼ(ERK1/2、JNK1/2、p38 MAPK)のリン酸化状態に影響をなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine whether sub-chronic radiofrequency exposure can cause constitutive induction of a stress response at a cellular and/or molecular level in hsp70.1-deficient mice due to repeated stimulation.

詳細情報

Previously the authors generated hsp70.1-deficient mice to elucidate the in vivo function of HSP70 (heat shock protein 70) in detail. The renal tissues and embryonic fibroblasts of these mice were shown to be more vulnerable to hyperosmotic stress.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 849 MHz
ばく露時間: twice daily for 45 min with a 15 min interval, 5 days a week for 4, 8 and 10 weeks
  • SAR: 0.4 W/kg mean (whole body)
  • 電力: 60 W maximum
ばく露2: 849 MHz
ばく露時間: one or two 45 min exposures
  • SAR: 0.4 W/kg mean (whole body)
ばく露3: 1,763 MHz
ばく露時間: twice daily for 45 min with a 15 min interval, 5 days a week for 4, 8 and 10 weeks
  • SAR: 0.4 W/kg mean (whole body)
ばく露4: 1,763 MHz
ばく露時間: one or two 45 min exposures
  • SAR: 0.4 W/kg mean (whole body)

ばく露1

主たる特性
周波数 849 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 twice daily for 45 min with a 15 min interval, 5 days a week for 4, 8 and 10 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • signal generator
チャンバの詳細 Stainless steel reverberation chamber (2293 mm x 2296 mm x 1700 mm) fitted with mode stirrer for field uniformity
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.4 W/kg mean 計算値 whole body -
電力 60 W maximum - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 849 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 one or two 45 min exposures
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.4 W/kg mean 計算値 whole body -

ばく露3

主たる特性
周波数 1,763 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 twice daily for 45 min with a 15 min interval, 5 days a week for 4, 8 and 10 weeks
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.4 W/kg mean 計算値 whole body -

ばく露4

主たる特性
周波数 1,763 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 one or two 45 min exposures
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 0.4 W/kg mean 計算値 whole body -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • 脳/腫瘍
  • liver, adrenal gland, kidney, spleen, stomach, bladder, lung, heart, thymus, testis or ovary
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

No difference was revealed in the histopathological analysis between sham-exposed and radiofrequency exposed mice. There was no evidence of increased proliferative and apoptotic activities.
The levels of the heat shock proteins showed no obvious changes. Radiofrequency irradiation did not affect the phosphorylation status of stress-activated kinases.
The hsp70.1-deficient mice did not show any significant changes in terms of cell proliferation, apoptosis, or stress response due to exposure of 849 MHz or 1763 MHz radiofrequency fields.

研究の種別:

研究助成

関連論文