研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波放射によるマウスのベンゾピレン誘発皮膚がんの成長の促進] med./bio.

Acceleration of the development of benzopyrene-induced skin cancer in mice by microwave radiation.

掲載誌: Arch Dermatol Res 1982; 274 (3-4): 303-312

本研究ではBalb / cマウスを用いて、化学発がん物質3,4-ベンゾピレンBP)による皮膚がん誘導へのマイクロ波ばく露の影響を調べた。BPマイクロ波群は、BPの皮膚塗布を2日おきに合計6ヶ月間行い、同時に非熱的レベル(5mW / cm2)または亜熱的レベル(15mW/ cm 2)ばく露を受けた。マイクロ波+BP群は、予備的に10mW / cm 2のマイクロ波ばく露を1、2または3ヶ月間受け、次いで上記の要領でBP処理された。した。対照群は、6ヶ月間のBP処理(約9ヶ月以内に基底細胞または紡錘細胞の皮膚がんを発生させる)とマイクロ波擬似ばく露を受けた。腫瘍の成長は、皮膚切片の顕微鏡検査によった。結果として、全てのマイクロ波ばく露群で、BP誘発皮膚がんの発症が有意に促進され、担がん宿主の寿命が短縮した;この効果は、5mW / cm 2より、15mV / cm 2の方が、また予備ばく露ではばく露期間が長い(3ヶ月)方が、効果的に見えた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To evaluate the effect of long-term low-level microwave radiation on the development of skin cancer in mice chronically exposed to 3,4-benzopyrene.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
ばく露時間: 2 h/day, 6 days/week for 1, 2, 3, or 6 months

General information

Skin cancer induction was preformed by shaving 1 cm² skin surface on the back of a mouse and droping 0.01 ml of benzopyrene solution.

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
特性
  • far field
ばく露時間 2 h/day, 6 days/week for 1, 2, 3, or 6 months
Modulation
Modulation type unspecified
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 Anechoic chamber maintained at 22°C and 65 % humidity.
ばく露装置の詳細 Mice were restrained in a plastic cage, 10 mice per cage, in the chamber.
Additional information Control animals were exposed to benzopyrene treatment for 6 months.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 50 W/m² unspecified 測定値 - 2 mW/g corresponding SAR value.
電力密度 150 W/m² unspecified 測定値 - 6 mW/g corresponding SAR value.
電力密度 100 W/m² unspecified 測定値 - 4 mW/g corresponding SAR value.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • skin
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results clearly indicate that microwave irradiation may, at least in this experimental system, stimulate the development of chemically induced skin cancer and in shortening of life span of the tumour-bearing hosts. The effect seemed to be dose-dependent since subthermal doses (15 mW/cm²) and longer expositions (3 months) were more efficient as compared to athermal doses (5 mW/cm²) and shorter preirradiations.

研究の種別:

研究助成

関連論文