研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マウスゲノムに対する低電力マイクロ波の影響:直接的DNA解析] med./bio.

Effect of low power microwave on the mouse genome: a direct DNA analysis.

掲載誌: Mutation Research - Genetic Toxicology 1994; 320 (1-2): 141-147

この研究は、マウスゲノムのDNA配列レベルでの突然変異誘発効果が低電力マイクロ波にあるか否かを、直接DNA分析法によって評価した。マウスに電力密度1mW / cm 2の2.45GHzマイクロ波を、2時間/日で、120、150、および200日間ばく露した。ばく露群および対照群精巣および脳由来のDNAに制限酵素HinfIで処置した試料を、5'-GACA-3 'の9つの繰り返しからなる合成オリゴプローブ(OAT36)とハイブリッド形成させた。その結果、対照群からの試料に比べ、ばく露群のバンドパターンが明確に変化することが示され、それは、密度測定分析により、7-8kbの範囲であることが実証された;このような再配列のメカニズムはまだ明らかではないが、この用量で得られた結果に意味がある。この用量は、ICNIRPが一般公衆ばく露の安全限度値と定めたものである、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To evaluate the potential mutagenic effect of microwave in mice exposed at 1 mW/cm² by direct DNA analysis.

詳細情報

HinfI (a restriction enzyme) digested DNA samples from testis and brain were hybridized with a synthetic oligo probe.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 2 h/day for 120, 150 and 200 days.

General information

A total of six exposed and four control animals were used in this study.

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 2 h/day for 120, 150 and 200 days.
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 2 m
ばく露装置の詳細 mice were placed into a 0.5 cm thick acrylic cage which was placed symmetrically along the midline of the antenna aperture.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 10 W/m² mean 測定値 - -
SAR 1.18 mW/g unspecified 計算値 - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Band profiles in exposed animals were found to be distinctly altered in the range of 7-8 kb which was also substantiated by densitometric analysis.

研究の種別:

研究助成

関連論文