研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[2450 MHzのマイクロ波放射によりマウスの自然発生的ながんとベンゾピレンにより誘発された皮膚がんの発達が加速した] med./bio.

Accelerated development of spontaneous and benzopyrene-induced skin cancer in mice exposed to 2450-MHz microwave radiation.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1982; 3 (2): 179-191

この研究は、2,450MHzマイクロ波がん促進効果について様々な実験を行なった。用いた動物モデルは、自然発生乳がんの高い発症率を有するC3H / HeAマウス、および皮膚がんを発症させる3,4-ベンゾピレンBP)を皮膚に塗布処置されたBalb / cマウスである。両モデルに、無響室内で2,450MHzマイクロ波MW:5または15 mW / cm2)のばく露を与えた(毎日2時間、週6回)。 C3H / HeAマウスは、6週齢から、最長12月齢までばく露を受けた。Balb / cマウスは、BP処置の前から開始し、1ヶ月または3ヶ月以上のばく露期間と、BPと同時に5ヶ月以上のばく露期間で実験した。C3H / HeAマウスおよびBP処理Balb / cマウスにおける触診可能な腫瘍の出現を、2週間ごとに12ヶ月間チェックした。2つの別のマウス群に、無響室における閉じ込めまたは擬似ばく露に起因する慢性ストレスを与え、対照として使用した。その結果、3か月間、5または15mW / cm 2のMWばく露は、自然抗腫瘍耐性を有意に低下させ(肺腫瘍性コロニーの平均数が、対照で2.8±1.6(SD)、5mW / cm 2で6.1±1.8、15mW / cm2で10.8±2.1)、BP誘発皮膚がんの発症を加速させた(対照で285日、5mW / cm2で230日、15mW / cm2で160日);MWばく露を受けたC3H / HeAマウスでは、対照よりも早期に乳がんを発症した(対照で322日、5mW / cm2で261日、15mW / cm2で219日);同様の加速が、BP誘発皮膚がんの発生においても観察された(対照で285日、5mW / cm2で220日、15mW / cm2で121日);慢性ストレスばく露群との比較では、がん発症の加速および自然抗腫瘍耐性低下は、5 mW / cm2のMWばく露群では同等であったが、15mW / cm2ばく露群では有意に異なっていた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To demonstrate the acceleration of development of spontaneous and chemically induced tumors and the lowering of natural antineoplastic resistence in mice exposed to 2450 MHz during 1-6 months.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 2 h/d, 6 sessions/week, upto 230 days.

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
特性
  • far field
ばく露時間 2 h/d, 6 sessions/week, upto 230 days.
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 2.2 m
チャンバの詳細 polymethacrylate cages/ 20 cm x 30 cm x 10 cm.
ばく露装置の詳細 Animals were kept in cages containing 20 transparent compartments 5 cm x 6 cm x 10 cm each in the anechoic chamber.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 50 W/m² mean 測定値 - SAR 2-3 mW/g calculated value.
電力密度 150 W/m² mean 測定値 - SAR 6-8 mW/g calculated value.

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Irradiation with microwaves (5 or 15mW/cm²) for 3 months resulted in a significant lowering of natural antineoplastic resistence and acceleration of development of benzpyrene-induced skin cancer. Microwave-exposed C3H/HeA mice developed breast tumors earlier than control mice. A similar acceleration was observed in the development of benzpyrene-induced skin cancer in animals exposed simultaneously to benzpyrene and microwaves. The acceleration of cancer development in all systems and lowering of natural antineoplastic resistence was similar in mice exposed to microwaves at 5 mW/cm² or to chronic stress caused by confinement but differed significantly from the data obtained on mice exposed to 15 mW/cm², where thermal effects were possible.

研究の種別:

研究助成

関連論文