研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波放射へ子宮内ばく露とラットの脳の発達] med./bio.

In utero exposure to microwave radiation and rat brain development.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1984; 5 (3): 315-322

この研究は、妊娠第2日から開始された、妊娠マウスへのマイクロ波ばく露が胎仔に与える影響を調べた。ばく露には円形導波管システムを用い、2,450MHzパルス波パルス幅8μ秒、830 pps)の入射電力密度は、動物の体重増加とともに増加させ、ばく露期間中のSARは0.4W / kgに維持された。妊娠18日目にばく露を中止し、母マウスを安楽死させ、胎仔を取り出し、体重を測定した。胎児の脳を摘出、秤量し、脳のRNA、DNAおよびタンパク質を決定した。その結果、ばく露群の胎仔で測定されたパラメータの値は、擬似ばく露群のものと有意差がなかった;体重に対する脳重量の回帰直線から判断して、ばく露群において小頭症はなかった;脳DNAから得られた尺度(すなわち、細胞数および細胞サイズ)にも有意差がなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate effects of exposure to low-level microwave radiation, applied during a large fraction of the gestational period, on certain measures of mammalian-brain development.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: repeated daily exposure, 24 h/day for 16 days
  • SAR: 400 µW/g unspecified (unspecified) (2 mW/cm² corresponding estimated power density.)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
ばく露時間 repeated daily exposure, 24 h/day for 16 days
Additional information Circularly polarized.
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 8 µs
Packets per second 1
Repetition frequency 830 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • waveguide system consisting of 10 powered (used for exposure) and 10 unpowered (used for sham exposu
ばく露装置の詳細 Plexiglas cage 20 cm x 17.5 cm in diameter located at the center of the waveguide
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 400 µW/g unspecified 電力損失による決定値 unspecified 2 mW/cm² corresponding estimated power density.

Reference articles

  • Guy AW et al. (1979): [小動物のマイクロ波慢性ばく露に用いる円偏光2450 MHz導波管装置]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The values for measured parameters of the exposed fetuses did not differ significantly from those of sham-exposed fetuses. It is concluded that radiofrequency radiation at an SAR of 0.4 W/kg does not have effects on brain organogenesis in the rats.

研究の種別:

研究助成

関連論文