研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[がんになり易い傾向をもつマウスに2450MHz無線周波放射の慢性ばく露を与えた場合の末梢血および骨髄における小核頻度] med./bio.

Frequency of micronuclei in the peripheral blood and bone marrow of cancer-prone mice chronically exposed to 2450 MHz radiofrequency radiation.

掲載誌: Radiat Res 1997; 147 (4): 495-500

乳房腫瘍になり易いC3H / HeJマウスを、全身平均で円偏光導波管内で連続波2450MHzの高周波RF放射に18時間以上、20時間/週、7日間/週暴露した比吸収率は1.0W / kgであった。偽暴露マウスを対照として使用した。陽性対照は、剖検前の最後の24時間にマイトマイシンCで処置したセンチネルマウスであった。 18ヶ月の終わりに、全てのマウスを剖検した。末梢血および骨髄塗抹標本を、多染色性赤血球(PCE)における小核の存在によって示されるように、遺伝毒性の程度について調べた。この結果は、小核/ 1,000 PCEの発生率は、RF照射(62匹)および偽曝露群(58匹)に暴露された群で有意差がなく、平均頻度はそれぞれ4.5±1.23および4.0±1であった。末梢血では1.12、骨髄では6.1±1.78および5.7±1.60であった。対照的に、陽性対照(7匹)は末梢血および骨髄における小核/ 1,000PCEの発生率が有意に上昇し、平均頻度はそれぞれ50.9 +/- 6.18および55.2 +/- 4.65であった。乳房腫瘍を有する動物を別々に検討した場合、RF放射線(12匹のマウス)に曝露された群と偽曝露された群(8匹のマウス)の間の小核/ 1,000 PCEの発生率に有意差はなく、平均頻度は末梢血では4.6±1.03および4.1±0.89であり、骨髄では6.1±1.76および5.5±1.51であった。従って、2450MHzのRF放射線に慢性的に曝露された乳房腫瘍に罹患しやすいマウスでは、偽曝露対照と比較して、遺伝毒性の証拠は存在しなかった。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To assess the extent of cytogenetic damage (assessed by micronucleus assay) in peripheral blood and bone marrow cells of cancer-prone mice that were exposed chronically to 2450 MHz radiofrequency radiation.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2,450 MHz
Modulation type: CW
ばく露時間: repeated daily exposure, 20 h/day, for 18 months
  • SAR: 1 W/kg average over mass (whole body)

ばく露1

主たる特性
周波数 2,450 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • guided field
偏波
  • circular
ばく露時間 repeated daily exposure, 20 h/day, for 18 months
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 one Plexiglas cage per waveguide housing two mice with 143 cm² floor area per mouse
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information Animals were divided into two groups of 100 each that were RF or sham exposed. Surviving sentinel mice were treated i.p. with MMC as a positive control 24 h before necropsy.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1 W/kg average over mass 測定値 whole body -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Chronic low-level exposure of C3H/HeJ mice to 2450 MHz radiofrequency radiation did not demonstrate any genotoxicity. The results indicate that the incidence of micronuclei was not significantly different between the exposed and the sham-exposed groups. Mammary tumors were recorded in 12 of the 62 mice exposed to radiofrequency radiation and 8 of the 58 sham-exposed control mice.

研究の種別:

研究助成

この論文に対するコメント

関連論文