研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[インビトロでのヒト軟骨細胞への静磁界とパルス磁界の影響] med./bio.

Effects of static magnetic field and pulsed electromagnetic field on viability of human chondrocytes in vitro.

掲載誌: Physiol Res 2007; 56: S45-S49

この研究は、インビトロでの軟骨細胞代謝活性に対する電磁界EMF)の影響を調べた。20%ウシ胎児血清を添加した培地培養したヒト軟骨細胞に、静磁界SMF)(磁束密度0.6 T)およびパルス電磁界PEMF)(21.2 MHzパルス間隔15 ms、バースト持続時間2 ms;最大電力250 W)へのばく露を連続72時間与えた。ばく露後、生存率をMTT試験で測定し、非ばく露対照培養と比較した。その結果、対照群と比較して、SMFばく露群の生存率は有意に増加した;その一方、PEMFばく露群での生存率の増加は有意ではなかった;実験に用いた磁界は、インビトロにおいて、培養されたヒト軟骨細胞生存率にポジティブな影響を与えることが示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of electromagnetic fields on the metabolic activity of human chondrocytes in vitro.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • DC/static
ばく露時間: 72 h continuous
ばく露2: 21.2 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 72 h continuous

ばく露1

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 72 h continuous
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.6 T - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 21.2 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • pulsed
ばく露時間 72 h continuous
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 15 ms
Additional information

burst duration: 2 ms

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 250 W maximum - - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

As compared to the control sample the exposure to the static magnetic field resulted in a statistically significant increase in cell viability. However, the increase of cell viability after pulsed electromagnetic field exposure was not significant.
This fact can be utilized for clinical application of static magnetic field during in vitro cultivation of chondrocytes.

研究の種別:

研究助成

関連論文