研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[50 mTの一定磁界は、BALB/cマウスの体重増加と血糖レベルに影響を及ぼさない] med./bio.

Constant magnetic field of 50 mT does not affect weight gain and blood glucose level in BALB/c mice.

掲載誌: Med Sci Monit 2007; 13 (7): BR151-BR154

一定磁界において、0.01-と0.001テスラで血糖値が上がり、0.9テスラで体重が低下するという報告がある。この研究はBALB/cマウスにおける血糖の恒常性と体重増加に対する0.05テスラ磁界の影響を調べることが目的である。22匹の若いBALB/cマウスをランダムに同数で2つのグループに分けた。実験グループは1日に少なくとも10時間、永久磁石による0.05テスラ磁界ばく露された。磁界へのばく露を除き、実験と対象群は同じ環境下に置かれた。両グループのマウスの体重を30日間、測定した。ばく露前10日、ばく露中10日間、ばく露後10日である。30日後、実験グループはさらに15日間磁界ばく露された。45日目に、血糖値を測定するために両グループのマウスの血液を採取した。ばく露と対照両グループにおいて体重の増加には大きな差がなかった(0.3±0.03対 0.25±0.03 g/日)。血糖値も優位な差はなかった(実験グループ:(114.36±29.2 mg/dl) 、対照グループ (113.82±15.4mg/dl)。この実験で、BALB/cマウスに対し、0.05テスラ磁界は体重と血糖値の増加に影響を与えなった。前回の研究で報告されて影響は、電磁石によって引き起こされた熱効果の影響が一部あった可能性がある。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of a 0.05 Tesla constant magnetic field on weight gain and blood glucose homeostasis in 22 mice.

詳細情報

The mice of exposure and sham exposure groups were weighed daily for 30 days: 10 days before, 10 days during, and 10 days after exposure. After 30 days, the experimental group was again exposed to the magnetic field for 15 days. On experimental day 45, blood samples were obtained to measure blood glucose level.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • DC/static
ばく露時間: 10 to 14 h/day for 10 days - 20 days without exposure - 10 to 14 h/day for 15 days

ばく露1

主たる特性
周波数
  • DC/static
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 10 to 14 h/day for 10 days - 20 days without exposure - 10 to 14 h/day for 15 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • two permanent magnets, 10 x 15 cm², 7 cm apart
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 50 mT average over time 測定値 - -
磁束密度 3 mT minimum 測定値 - during night hours
磁束密度 20 mT maximum 測定値 - during night hours

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

There was no significant difference in weight gain between exposed and sham-exposed mice. The difference between blood glucose of the exposed mice and the sham-exposed animals was also not significant.
In conclusion, the data showed that a 0.05 Tesla constant magnetic field had no impact on weight gain and blood glucose in BALB/c mice.

研究の種別:

研究助成

関連論文