研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (observational study)

[イエスズメの都市における減少:電磁界放射との関連可能性] med./bio.

The Urban Decline of the House Sparrow (Passer domesticus): A Possible Link with Electromagnetic Radiation.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2007; 26 (2): 141-151

最近数十年の間に、英国およびいくつかの西ヨーロッパの国で、イエスズメの著しい減少がある。この研究の目的は、スペインにおいても個体数が減少しているかどうかを決定し、さらに、電話アンテナからの放射電磁界(マイクロ波)がスズメ個体数減少と相関するという仮説を評価することである。2002年10月から2006年5月の間、スペインのValladolidに40回出向き、30地点での横断調査を行った。各地点で、スズメの数を数え、電界強度平均値(無線周波数とマイクロ波:1MHz-3GHz範囲)を測定した。時間とともに鳥密度平均値有意な減少が観察され(P=0.0037)、高い電界強度の地域において著しく低い鳥密度が観察された。電界強度平均値の各グループ (0.1V/m刻みとした)に対する鳥密度平均値の対数回帰係数はR=-0.87(P=0.0001)であった。この論文の結果は、電磁界信号は観察されたスズメ個体数減少と関係するという仮説を支持する。電磁界汚染は、それ自身によってか、あるいは、他のファクターの組み合わせによってか、近年ヨーロッパの都市で観察されたいろいろな生物種の減少の原因である可能性があると我々は結論する。本研究による鳥密度と電界強度の間の明らかに強い依存関係は、この仮説を検証するための更なる対照研究に用いられるべきである。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study whether the population of house sparrows (birds that usually live in the urban environment) is declining in Spain and to evaluate the hypothesis that electromagnetic irradiation from mobile phone antennae is correlated with the decline in the house sparrow population.

詳細情報

Between October 2002 and May 2006, point transect sampling was performed at 30 points during 40 visits to Valladolid, Spain. At each point, counts of sparrows were carried out and the mean electric field strength was measured (radiofrequencies and microwaves: 1 MHz-3 GHz range).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 1 MHz–3 GHz
ばく露時間: 3 years and 8 months

ばく露1

主たる特性
周波数 1 MHz–3 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 3 years and 8 months
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • ambient electromagnetic field
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 3.5 V/m maximum 測定値 - -
電界強度 0.4 V/m mean 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

Significant declines were found in the mean bird density over time, and significantly low bird density was revealed in areas with high electric field strength. The data support the hypothesis that electromagnetic fields are associated with the observed decline in the house sparrow population.

研究の種別:

研究助成

関連論文