研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[蝸牛性聴覚障害者の脳電図への携帯電話による影響] med./bio.

EEG bioeffects on cochlear deaf from cellular phones.

掲載誌: Environmentalist 2007; 27 (4): 519-523

この研究は、健常者と蝸牛性聴覚障害者を対象にしたボランティア実験を行い、携帯電話近傍界電磁界によってヒトの脳に引き起こされる誘導性の電磁的生体影響の可能性について、同時に記録された脳電図(EEG)データを用いて検討した。ファラデーチャンバ内の制御された電磁条件下に2グループ(健常者12人、蝸牛性聴覚障害者12人)の被験者を配置した。各被験者は椅子に座り、右側耳介から2 cmの距離に携帯電話が支持装置により固定された。リラックスして閉眼状態で、携帯電話をオフにした状態で、全員がEEGを測定された。その後、同じ条件で、携帯電話をオンにして携帯電話からの同じ内容の会話を聴取中に再びEEGを測定された。EEGデータは、高速フーリエ変換によって分析した。その結果、健常者および蝸牛性聴覚障害者のどちらにおいても、一部の電極からのデータにおいて、携帯電話信号の同化または統合が見られた;これは、アルファ波およびシータ波振幅の増加が原因であった;その他の電極ではこのような統合は見られなかった;同じ脳領域でのEEG記録のスペクトル周波数の相関について、健常者群と蝸牛性聴覚障害者群で有意差は見られなかった;結論として、携帯電話信号がヒトの脳に生じさせた直接的な電磁誘導性の非熱的な生体効果が観察された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effect of electromagnetic induction through mobile phones on the human brain.

詳細情報

EEG data of healthy normal individuals (n=12) were compared to those of cochlear deaf individuals (n=12), to investigate an induced electromagnetic effect that is independent from sound waves. First, EEG recordings were assessed at baseline (5 min with eyes closed and phone off) and then during 5 min conversation with the phone placed on the right ear.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 880–960 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 5 min
  • 電力: 2 W maximum
  • SAR: 0.955 W/kg maximum

General information

For more details, see [Bardasano et al., 2005].

ばく露1

主たる特性
周波数 880–960 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • near field
ばく露時間 continuous for 5 min
Additional information frequency band
Modulation
Modulation type pulsed
Additional information

GSM

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
Distance between exposed object and exposure source 2 cm
チャンバの詳細 Each subject was comfortably seated on a plastic chair inside a Faraday chamber.
ばく露装置の詳細 The mobile phone was held by an insulated device over the right ear, 2 cm from the auricle to avoid thermal effects.
Additional information The EEG of subjects, relaxed and with their eyes closed, was recorded while listening to a 5-min conversation, first with the mobile phone off (basal state) and then with the phone on.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 2 W maximum - - -
SAR 0.955 W/kg maximum - - -

Reference articles

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露中

研究の主なアウトカム(著者による)

By comparing the EEG data of both groups, an increase in the amplitutes of alpha waves and theta waves, regardless of the sound waves, has been observed. This suggests an inductive direct non-thermal effect of the mobile phone signal on the brain.

研究の種別:

研究助成

関連論文