研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[携帯電話の放射がEEGアルファ波の大脳半球間機能的結合に変化を与える] med./bio.

Mobile phone emission modulates interhemispheric functional coupling of EEG alpha rhythms.

掲載誌: Eur J Neurosci 2007; 25 (6): 1908-1913

【目的】携帯電話からの電磁場(EMF)が、大脳への情報伝達の重要な生理学的特徴である、脳リズムの大脳半球間の同期化に影響を与えるという作業仮説を検証すること。【方法】10人の被験者は、交叉二重盲検法にしたがって、1週間の間隔をあけて2回、携帯電話信号(GSM)ばく露中の脳波図(EEG)記録を受けた。改造したヘルメットを利用して携帯電話被験者の左頭側に保ち、使用時の通常位置である耳にかぶさるように向け、マイクロフォンは口の端に向け、アンテナ頭頂-側頭部に近づけた。さらに、別の同機種の携帯電話(ただしバッテリーなし)をヘルメットの右側に取り付け、重さのバランスをとり、GSM刺激の頭側に被験者注意を向けないよう、また限定できないようにした。一つのセッションで実際のばく露(GSM)、他のセッション擬似ばく露が、それぞれ45分間行われた。大脳半球間の機能的結合は、前頭部、中心溝部、頭頂部の電極対間のEEGスペクトルコヒーレンスの分析によりモデル化された。脳波リズムのうち、デルタ波(約2~4Hz)、シータ波(約4~6Hz)、アルファ波1(約6~8Hz)、アルファ波2(約8~10Hz)、アルファ波3(約10~12Hz)に着目した。【結果】擬似刺激に比べ、GSM刺激は、アルファ波1および2帯域において、大脳半球間の前頭部と側頭部のコヒーレンスの変化を示した。【結論】今回の結果は、長期に及ぶ携帯電話放射は、皮質活動のみならず、EEGリズムの大脳半球間の機能的結合によって伝達された神経細胞同期現象の広がりにも影響を与えることが示唆される。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the hypothesis that electromagnetic fields from mobile phones affect inter-hemispheric synchronization of cerebral rhythms, an important physiological feature of information transfer into the brain.

詳細情報

10 in healthy subjects in awake resting conditions underwent two EEG recordings, separated by 1 week. Individual EEG rhythms of interest were delta waves (about 2-4 Hz), theta waves (about 4-6 Hz), alpha wave 1 (about 6-8 Hz), alpha wave 2 (about 8-10 Hz) and alpha wave 3 (about 10-12 Hz).
Functional coupling of cerebral rhythms roughly reflects operative binding between coupled brain regions and relative information transfer. Linear components of that coupling are modelled by the inter-hemispheric spectral coherence of EEG rhythms.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 902.4 MHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: continuous for 45 min

ばく露1

主たる特性
周波数 902.4 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 45 min
Modulation
Modulation type pulsed
Repetition frequency 217 Hz
Additional information

GSM

ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • セルラ-電話
  • at maximum power
Distance between exposed object and exposure source 4 cm
ばく露装置の詳細 The mobile phone was held by a modified helmet in the normal use position, 1.5 cm from the subject's left ear, with the antenna about 4 cm from the head in the parietotemporal area. A similar phone without battery was placed on the other side of the helmet in order to balance the weight and conceal the exposure side.
Sham exposure A sham exposure was conducted.
Additional information For sham exposure in one of the two sessions, both phones were without battery.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 2 W peak - - -
電力 0.25 W mean - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露前
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The data revealed that, compared to sham exposure, GSM stimulation modulated the inter-hemispheric coupling of frontal and temporal alpha wave rhythms.
The results indicate that prolonged mobile phone emission affects brain physiology, probably by the inter-hemispheric synchronization of signals.

研究の種別:

研究助成

関連論文